或る展覧会のためのエスキース

或る展覧会のためのエスキース

お盆が終わって、会社から自宅に帰る時分の夕風に、少し涼しさを感じる様になってきました。

早いもので、会社を立ち上げてからもう8ヶ月。有り難いことに様々なご縁に恵まれ、非常に多くの方々とお話しする機会を、日々頂きながら、仕事をしております。
皆様に励まされ、アイデアを頂戴し、強い共感を貰っては、時に窘められる。この居心地の良さはなんなのだろう? と考えたときに、気づいたのです。この積層されていくコミュニケーションは、作品制作に似ていると。

初めてお会いする方を注意深い視線で観察して、その方を知り。
お話をする限りでは知り得ないお人柄は、美術解剖学のようにその内的世界を想像し。
次の会話のトピックはどんなものがご一緒に楽しい時間を過ごせるかとエスキースを思い浮かべ。
精一杯のおもてなしで、支持体に顔料を重ね。これは失礼しました、と白く塗りつぶす。

その度毎に出会う方と、最高に素敵な出会いの瞬間という展示に向けて、試行し対峙し続ける様は、恍惚以外の何者でもないのです。

やはり私は、制作が、そしてなにより人が好きです。

今週のエッセイは、下邨がお送りいたしました。

お盆に想う

夕焼雲(撮影:柿田京子)

お盆です。帰省して、故郷で家族・親戚一同で集い、ご先祖様の精霊をお迎えするこの時期。コロナ感染が全国に拡がり、帰省もままならぬ状況ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 都会での忙しい日々、お盆であることすら忘れてしまいがちな方もいらっしゃるかもしれません。きょうは、柿田京子が自身の子供時代にさかのぼり、お盆の思い出を語りたいと思います。

紀伊半島三重県。伊勢神宮をもう少し南へ下り、伊勢志摩の「志摩」と呼ばれるエリアに、私の父の故郷はありました。リアス式海岸の入り組んだ奥の入江。海苔や牡蠣の養殖が行われ、背後には、ミカン畑が広がるなだらかな山が迫り、山海両方の幸に恵まれた、温暖で風光明媚な、ひっそりとした田舎です。

家々の間に田畑があり、当時はまだ開墾用に牛がいて、休耕地で草を食み、ウモォ~と、のどかな鳴き声をあげていました。カブトムシ、クワガタ、セミ、そしてホタル。子供たちの気になる生き物はふんだんにおり、時々、畑の作物目当てで、イノシシ、サル、シカなども現れました。

このような田舎で過ごすお盆は、小学生の私にはまさに非日常。迎え火を焚き、盆提灯をつけ、きれいに飾られた仏壇に手を合わせ、年長の従兄たちから「この世から旅立ったご先祖さまの精霊が、お盆にはここに帰ってくる」という物語を粛々と聞き、みんなでその世界観に浸りました。

お会いしたことのない「ひいおじい様やひいおばあ様が、すぐそこで見ている」などと言われて、ものすごく緊張して、怖くて夜の廊下を歩けなくなったり。「ご先祖様は、子孫には決して悪さはしない」と言われて、ほっとしたり。

この村でも、戦時中にはほとんどの成人男性が駆り出され、南方で玉砕したそうです。高齢者と女性・子供だけでその後を乗り切ったこと、子供だけ取り残された家も多くあったことを聞き、やむなく旅立つしかなかった人々も、ここに戻ってきて、今一緒にいるのかと、想いを馳せたり。

人間の想像力は果てしなく、夕焼けが夜の闇に代わりつつある空を背景に、オレンジ色に灯された送り火を見ながら、精霊たちがあの世へ帰っていく姿を、私は自身の心の中に焼き付けたのです。

人は、記憶の世界に生きているのかも知れません。あるいは、記憶に根付いた想像や幻想の世界に生きているのかも知れません。この世から人の命がなくなっても、その人を大切に想う人の記憶の中で、「存在」は生き続けます。そして、その存在は姿がないまま、まだ生きている人々を癒し、勇気づけ、明日へのエネルギー源となっていたりするのです。そのような大人たちをたくさん見ながら、私は大人になりました。いつしか、かつての大人たちがいなくなり、それでもその存在は、私の記憶の中で消えず、衰えず、時折全く思いがけないひらめきやエネルギーなって、今の私を支えてくれたりします。

とうの昔に、牛はいなくなり、耕作はすべて機械に。田舎でも核家族化が進み、親戚一同が集まる機会はほとんどなくなりました。ホタルも珍しくなりました。今でも、迎え火は焚かれているのでしょうか? 時代とともに移りゆく伝統としきたり。庶民が何気なく受け継ぎ、生活の中で伝え続けてきた身近なヘリテージを、形は変わっても、その想いは、未来へつなぎ続けたいと思います。

each toneの1stプロジェクト「víz PRiZMA」(https://www.viz-prizma.com)には、幼かった私を育んだ、日本の風土が流れ込んでいます。

この夏を、全力で走り抜ける — 初年度下期のスタートです

7月になりました。each tone創業から半年が経過。今月より、初年度下期がスタートします。

思えば、厳寒の最中に事業プランを練り、神田明神に祈願し、会社設立に奔走した1月が、ずいぶん遠い昔に思えます。ずっと密度の濃い時間を過ごしてきたため、この半年が3年くらいに感じられます。新しく出会った方々の数は、3桁に達し、多くの知恵とアイデアに支えられながら、あの時、紙の上に描いた世界が、いま、「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)というブランドになって、現実に姿をあらわし始めました。

「こんなことをやりたい」という着想は、当初よりありました。メンバーそれぞれ、似たような想いを抱いていたはずです。しかし、この“ぼんやりした着想”を、共通認識を伴う「言葉」に落としこむには、実に膨大な時間とエネルギーが必要でした。ネーミングひとつ、ロゴひとつに、深い議論が重ねられ、言葉に意味が、意味に言葉が、重ねられていきました。

アイデアをかたちにする第一歩、言葉へのdeep dive。このアート冥利に尽きる創作の毎日に、私たちは深く埋没しました。RYOZAN PARK巣鴨にこもりながら、意識だけは、「虹彩(アイリス)」を虹の神様だと位置づけたギリシア時代へいったり、「víz PRiZMA」の名前の由来であるハンガリーへ行ったり、虹彩認証の歴史を紐解いたり、日本各地のテクノロジーベンチャーさんとお話しさせていただきながら、季節は過ぎていきました。

言葉になったアイデアを、ビジュアルに変換したり、サービスに創りこんだり、そしてシステムに紐づけたり。自分たちだけではできないことを、様々な領域の専門家が助けてくださいました。新しいサービスをいろいろな角度から深く理解し、期待を寄せてお力添えくださったプロフェッショナルの方々。心から、ご一緒できて良かったと思います。

目の前に積もった「今日やる」作業の山を片付けつつ、減っていく手元資金の残高を横目で眺めつつ、サービスの創りこみをしつつ、中長期への道筋をつけつつ…。やるしかない毎日の中で、メンバーの才能の引き出しが次々と開き、ひとは、これまでやったことのないことでも、やり出すと結構できるのだなあと、人の適応力と才能の奥深さを垣間見たりもしました。

先月からは説明会が始まり、お客さまとお話しする機会が増えました。ずっと企画を練ってきた私たちには、無意識のうちに慣れて当たり前になってしまった概念が、はじめての方には、不思議だったり、わかりにくかったり。そもそもの発想自体に、疑問を呈してくださる方もいらっしゃいました。その一方で、私たち以上にこの世界観に入り込み、私たちが考えも及ばなかったようなインスピレーションを与えてくださる、スーパーファンのような方々も現れました。

まだ生まれたばかりのサービスですが、たくさんのお客さま方のアイデアを採り入れ、その声に刺激をいただきながら、一歩一歩、さらに良いものを目指していきたいと思います。

梅雨があければ、夏が始まります。「víz PRiZMA そして、いのちは“光”になる」、víz (ハンガリー語:水)にちなんで、みずみずしい感性をもちながら、七色に輝くPRiZMA(ハンガリー語:プリズム)の光をもって、社会の課題のかたわらに、あり続けたい。

もっと多くの、さらにたくさんの方々に出会い、プリズムの光をお届けするために、私たちはこの夏を、全力で走り抜けたいと思います。

藝術という選択 ― Heart of “each tone”

人がある状況にでくわした時、藝術という選択があることで、普段できないこと、考えなかったことが可能になるのではないか。その積み重ねが社会を変革していくのではないか。

先週のエッセイを、弊社の髙橋若余は、こう締めくくりました。
これを受けて本日は、柿田京子が、改めてこのテーマの一例を語ってみたいと思います。

「人がある状況にでくわした時」-それは往々にして、都合が悪い状況であったり、危機的な状況であったりします。

その状況にどっぷり浸って、不幸な世界観を堪能し尽くすのも、ひとつの選択でしょう。悲劇をつぶさに観察しながら主人公を演じる自身が、「もっと悲劇性を高めるにはどう表現すればよいか」などと考えはじめたら、チャンス! あなた自身が気づくでしょう。自分がもう不幸な人ではなく、悲劇を題材に人生の深みを謳歌できる前向きな人間に変わっていることを。

お笑いや喜劇では、主人公の思い通りにならないアクシデントや、常識どおり進まないもどかしい事象を「笑いのネタ」としていることが多いですね。都合の悪い状況に対して、日和ったり、怒ったりする自身の様子を、人間ドラマとしてとらえる。客観視しながら、共感したり、別の人だったらどうするかと想像したり、あるいは関西弁で状況再現したらどうなるだろうと考えたりし始めたら、チャンス! あなたはもう、悩める現状をネタに、笑いと幸せを送り出す愉快な人に変わっています。

このように考えると、危機的だった状況が人生を謳歌する糧であり、都合が悪い状況が幸せな笑いを誘うきっかけであったりするわけで、もうどこからが不幸で、どこからが幸せだかよくわからない二律背反。不幸なのか幸福なのか、まさに「塞翁が馬」。相対するはずの感情が混在・混線してつながる中、最後には「生きていることは本当に素晴らしい」「みなさんありがとうございます」という愛おしい感謝につながっていく、不思議な世界が拓けてきます。

藝術という選択があること。それは、売れる作品をつくることや、高名なアーティストとして認知されるというような意味ではなく、やわらかい思考とやさしい眼差しをもって、人が自身の無意識から、本来持っている様々な発想や能力を引き出し、苦しみや違和感を和らげたり、改めて明日に向き合うエネルギーを生み出したりする活動です。

思えば、20世紀には、「損か得か」「善か悪か」といった、固定的なベクトルで課題に向き合うことが多かったように思います。この結果、取り残されてしまった課題—環境問題や、人の尊厳の問題など—が、今、SDGs*として並んでいます。21世紀という時代が、二律背反を交えた複雑な課題に寄り添う時代となっていることが見えるでしょう。

私たちは、どのようにして、ここから未来を創っていくのでしょうか?

これから社会で活躍する若きアーティストの方々の将来が希望に満ちたものであることを願い、今に悩むすべての方々が、その状況の中から、明日に向き合うきっかけを見出していけることを切に願いながら、本日の筆をおきたいと思います。
私たちeach toneが、どうかその一助になれますように。

*SDGs:2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っている。(外務省ホームページより

瞳がとらえる世界

5月20日、「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)は、ブランドサイトをオープンします。カウントダウン1週間の今の社内は、協力者・社員入り乱れて、まるで本番直前の舞台袖のよう。このすがすがしい緊張感を、青空と新緑のもと、満喫しています。

「víz PRiZMA」のサービスは、「瞳」からの発想をベースに創りました。

瞳に映る世界。それは、その人の瞳の色と合わさり、小宇宙のような神秘性を醸し出し、写真に撮っても、横から覗いてみても、見ごたえのある絵となります。

ひとは、瞳を通じて世界を感じ取ります。同じ世界を見ていても、ひとりひとりの瞳が見出す世界は、実はユニーク。妊娠すると、妊婦さんの姿が目に付いたり。小さな子供をもつお母さんには、子供の存在がクローズアップされたり。雑踏の中で、特定の人だけが輝いて見えたり。あなたの見ている世界は、実は、あなたにしか見えていなかったりするのです。

物理的な瞳はもちろん、“心の瞳”もまた、興味深い。そういえば、坂本九さんの遺作となった同名の歌*がありました。長年連れ添った奥さまへの想いを込めた歌だそうです。
おとぎ話の中には、みすぼらしいなりをした老人が現れ、その人が実は、世界を救う偉人だったという筋書きが多くあります。星の王子さまは、「本当に大切なものは目に見えない」と言いました。

瞳で伝える世界。瞳で受け取る世界。「目は口ほどに物を言う」と言われますが、目は強力な発信体であり、同時に、受信体でもあります。「目力(めぢから)」に象徴される強さを秘める一方で、うるんだ水晶体には、はかなさも感じられます。

目を開けて見える世界、目を開けても見えない世界。目を閉じて見える世界、目を閉じると見えない世界。世界の見え方と「瞳」の関係は、物理的・表層的な世界を通り越して、時間・空間・意識を縦横無尽に飛び交います。

人が生まれ、限りあるいのちを生き、未来へ溶け込んで逝く、この永遠の営みをとらえるとき、「瞳」のテーマがふさわしいと思いました。

世界の拡がりと、人のもつ無限の想いを「瞳」に込めて。
「víz PRiZMA」の始動まで、あと1週間。each tone 初のプロジェクトである「バーチャル墓地」。「アーティストと創る、新しい“偲び”のかたち」を、どうぞお楽しみに。本日の担当は、柿田京子でした。

* 坂本九「心の瞳」1985年 「心の瞳で 君を見つめれば」で始まる、愛の本質をうたった坂本九の遺作。この歌の収録後に、坂本九は日航機墜落事故によって他界。