コンセプトブックを制作中!

こんにちは高橋です。

víz PRiZMA(ヴィーズプリズマ)クラウドファンディング企画が先月4月に終了いたしました。

企画ヘのお力添え、サポートをくださった方、ページに目を留めていただきましたすべての皆様にお礼申し上げます。

準備も含めて期間中は思ったように作業が進まず四苦八苦することもありましたが、この企画を実施したことによって、ブランドがどこを目指すべきか、より鮮明に自覚できたように思います。

現在は、サポートくださった方にお渡しする予定の「コンセプトブック」の制作を始めています。今回は製品情報がメインの会社案内や商品カタログではなく、ブランドストーリーを重視するコンセプトブックにしました。その理由は、víz PRiZMAの成り立ちや理念を伝達してくれる案内人のようなものを作りたいと考えたからです。

コンセプトブックのアイデアを探るため、関連する言葉を思いつくままに書き出してみました。

書き出された様々な要素、これらをいっぺんに眺めた時に「ライフスタイル」「希望」「祝福」が際立って重要に感じました。メインテーマである「限りある時間をよりよく生きる」とも響きあっています。

人がもともと持っている祈りの習慣を現代の暮らしに無理なく取り入れる。人生の終わりを後ろ向きなイメージよりも暖かいものに変えていく。そういうライフスタイルの提案がvíz PRiZMAの軸なのだという意識を持つと、コンセプトブックが目指す方向が見えてきました。

インターネットを利用して、ひとりの生きた証を遺す。後に受け取った未来の人にとって、それが励ましや癒しになる。そんなvíz PRiZMAの理念とストーリーをコンパクトに鮮やかにお伝えできるよう考えを鍛えていきます。

víz PRiZMA【PRTIMES April Dreamプロジェクトに参加しました】~祈りをメタバースへ!~

バナーをクリックすると、記事に飛べます

PRTIMES社が実施するApril Dreamプロジェクト。4月1日に夢あふれるリリースを無料投稿させてくれるこの企画、各社の夢が飛び交い、なかなか見ごたえ・読み応えがあります。

思えば夢の実現は、こうしてまとまった言葉にして発信するところから第1歩が始まるのかも知れません。形にして、見直し、また形にして、また見直す。その繰り返しの果てに、ゴールが見えてくるのでしょう。April Dreamの企画に賛同し、参加させていただきました。

víz PRiZMAのApril Dreamは、ほぼ実現している内容ばかりになってしまいましたが、これが世の中に受け入れられ、自然に使われるようになるまで、これからの道のりが長いのだろうなと予感。一歩一歩を積み重ね、着実にゴールに近づいていきたいと思います。

実際にやって初めてわかるアートのエキサイティングな体験

こんにちは、高橋若余です。

今日は、アート活動のエキサイティングな喜びと、それが自分を知るということにどう繋がってくるのか、わたしの気づきを書いていきます。

each toneが立ち上げたブランド「víz PRiZMA」のワークショップではアート表現を取り入れていて、そのパートを自分でも実習した時のことです。
最初は自分の過去をイメージした絵を一枚作ります。色使いはフィーリングでサッと決めました。

不安に包まれたポジティブな感情というイメージ。


二枚目もフィーリングで色を決めます。ここは現在の自分をイメージしました。

期待と喜び、アクティブなイメージ。


三枚目(ここでは自分の未来をイメージする)で完成なので、取り掛かる前に手を止めていま描いたものを観察することにしました。
一枚目と二枚目では同じマゼンタのカラーを使っていました。なんとなく自分の情熱や感情を表現するつもりでマゼンタを使ったのですが、二枚連続で使っているので、この色は自分自身なのかなと設定を修整。

初めはぼんやりとした想像でしかなかったものが描き終わって、ちょっと俯瞰して見ることで、そこに連続した意味付けが生まれて、はっきりした解釈におさまっていきました。実際の絵柄は変わらないのですが、後からの解釈で意味が足されたり強化されることを創作活動と同時進行で実感しました。

マゼンタ=自分であるならば、3枚目もマゼンタを使うことにしよう。ここはフィーリングではなく意図をもって選ぶことにしました。3枚目は、社会性をもって自分らしさが適切に表現できている。自分自身の持っている世界がより広がっている。そんなイメージです。

色をできる限り薄くのばし包み込むイメージ。

今回の三枚の絵を描くという活動を通して、自分の人生における過去と現在の関係や、現在が未来にどう影響するのかを仮想体験したように感じました。本当の体験ではないけどリアルさがあるということです。

過去の事実は不変ですが、現在から見下ろすことでその意味は変えられ続けているのだと思います。そういう点においては、過去は現在が作るものであるし、未来は現在という過去が作るものだと言えます。

外からは、けして見えない変化ではありますが、何かを作るという活動は自分なりの成果を与えるエキサイティングな喜びに満ちています。

完成。

今回は高橋がお届けいたしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の作品は、現在進行中のクラウドファンディングのリターン「クリアファイル」として制作されました。
こちらのページに掲載中ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

https://camp-fire.jp/projects/view/566192

© 2020-2022 each tone LLC. All rights reserved.