アーティストが思うNFTの未来

今年に入ってから、NFTアートの高額落札のニュースがいくつかあり、NFTアートの知名度が一段と高まりました。
NFTアートとはデジタルアートにブロックチェーン技術を組み合わせたもののことで、その特徴は、「唯一性を証明できる」「改ざんできない」「データの作成者又は、所有者を記録できる」なのだそうです。

簡単にコピーできてしまうデジタルアートに唯一性を担保して、NFTのマーケットプレイスで所有権を売買できるというものです。
色々なサイトがその仕組みを解説しているのですが、私はデジタルアートの世界のことをほとんど知りません。そこで実際に世界最大規模のNFTマーケットプレイスOpenSeaにて作品を閲覧してみることにしました。

トップランキングを見ると、ピクセルアートやGIF、ゲームのキャラクター、文字列のみのものや、ジェネレーティブアートという、いくつかのパーツをソフトウェアのアルゴリズムで組み合わせて生成した作品など、デジタルアートの特性を強く訴えるコンセプトが人気のようでした。

これら以外のコンセプトでも多数出品されていますので、検索して「これいいな」という作品を閲覧しているだけでどんどん時がたってしまいます。
こういった作品群を鑑賞して、わたしも出品に挑戦しようかと思い始めています。

膨大な作品数のデジタルアートにNFTが活用されれば市場はより拡大していくことでしょう。
その一方でセキュリティ管理や、なりすましによる出品という問題には注意していく必要がありますが、今後発展していくであろう、新しいものを身をもって体験することは、後にふりかえって得難い経験になるのではないかと思いました。

NFTアートの今後を考えたときに、たとえば従来の絵画作品のようにキャンバスに描いた油絵が個人か美術館等に収蔵されていたとしても、著名な作家でないかぎり、アーティストが没するなどして活動を終えた後に、作品が人の目に触れる時期は限られています。回顧展が企画されたり、二次流通で高値落札されて話題になるというのは、ほとんど夢のようなもの。
アート作品は、それが制作された時代の空気が含まれます。そうなると必然的に生モノのような鮮度というか、人に見てもらえる期限があるのではないでしょうか。
NFTはバブル的に盛り上がっている分野ではありますが、アート作品の流通インフラとして確かなものとして整備普及が進めば、これまでのアート業界で培われてきたように作品の信用を形作り、作品の耐久年数を高めることでしょう。後世に残せる仕組みとして貢献してほしいと思います。

今週の担当は、高橋でした。

「リアル」でしか伝わらないこと

10月1日、長かった緊急事態宣言が解除されました。

台風の強風にあおられながら、アークヒルズを抜けて霊南坂へ。久しぶりのコンサートです。Web中継のオプションもあったものの、教会の音は、やはり生でないと。若干名の会場枠に出かけていったのでした。

天井の高い教会は、音の響きが格別です。荘厳な空気、薄明りの空間に響くパイプオルガンとトランペット。じんわりと身体に伝わる響きは、その場にリアルに存在する者だけが感じられる、不思議な感覚です。どんなにテクノロジーが進んでも、この「リアル感」の再現だけは、やはり難しいのではないかと思います。

コロナ生活、大変なことが続く中、新たな生活様式の可能性もたくさん見えてきました。その気になって工夫すれば、多くの仕事がテレワークでできること。キャンプやビーチを楽しみながら仕事することも可能であること。案外簡単に、空間(場所)を超えて、多くの人と友達になれること。ダブルワーク、トリプルワークが結構楽しいこと。何か新しいことを始めようと思った時、欲しい情報はネットを介してそこここにあり、「やる気」だけが問題であること。テクノロジーと共にあるこんな世界の中で、「リアル」であることは何なのか、改めて考えさせられました。

演奏者の方が、中世の教会のお話をされていました。「科学(医学)が発達する以前の時代、教会は、人々が病気を治しにくる場だった」と。日本のお寺もそうでした。近代医学でないと救えない病気もたくさんありますが、ある種の病気は、教会やお寺が治療の場所となっており、おそらく今でも、その役目は果たされているのかも知れません。

音があり、声があり、響きがある。絵や彫刻品や建物にアートがある。光がある。その「リアル」な空間にたたずむこと、そこで話をすること、話を聞いてもらうことで、人は何かを癒しているのかもしれません。礼拝堂いっぱいに降り注ぐ音色を浴びながら、いろいろなことがバーチャルでできる時代だからこその、「リアル」の価値を感じています。ここでしか得られないものがあるのです。きっと。

人が昔から拠り所にしていた「藝術の力」を、リアルステージで改めて感じることができた夜でした。本日は、柿田京子がお届けしました。

【説明会ご案内】NFTを活用して藝術作品を世界に届ける仕組み

(株)ORADAさんと「NFTを活用して藝術作品を世界に届ける仕組み」のZoom説明会を開きます。インターネットを介して、作品を世界に届けたい方、お気軽にご参加ください!

日時:10月2日(土)13:30-14:30 (Zoom)

★ニュースで見かける「ブロックチェーン」が気になる方

★インターネット上にどうやって出品するのか、詳細を知りたい方(作家さん向けの説明会内容ですが、作家さん以外でも、ご興味のある方はぜひいらしてください。)

ご参加申込は、こちら ⇒ https://forms.gle/MAPwCyczXUroE17v5

説明会詳細は、こちら ⇒ http://orada.co.jp/news/%e5%87%ba%e5%93%81%e8%80%85%e3%81%ae%e6%96%b9%e3%80%85%e5%90%91%e3%81%91%e3%81%aezoom%e8%aa%ac%e6%98%8e%e4%bc%9a%e3%82%92%e9%96%8b%e5%82%ac%e4%ba%88%e5%ae%9a%e3%81%a7%e3%81%99/

「白」で塗ることの意味

皆さまは、「消しゴム」という道具をなににお使いでしょうか?
鉛筆で描いたものを消す道具でしょう、という答えももちろん正解。しかし、鉛筆や木炭で描かれるデッサンの場面では、もうひとつの使い方があります。それは、「光」を描くという使い方です。

様々な色彩が折り重なる水彩画や油彩画とちがって、鉛筆や木炭でおこなわれるデッサンでは、鉛筆や木炭の素材色である「黒色」と、描かれる「紙の色」しか使えません。ここでは、便宜上、紙は「白色」だと仮定します。そこに鉛筆や木炭の調子を淡くつけたり、グラデーションをつけたりして、無限の白と黒の段階をつくり表現していくのです。

そこで、消しゴムや練りゴムの役割はなにになるかというと、炭の粒子を除去することになるわけです。当たり前ですが、なにも描いてないところに消しゴムは掛けませんよね。つまり、「白色」に戻す作業は冒頭で述べた、「光」を描く作業になるわけです。

さて、ちょっと話題を変えます。

印刷においても、「白色」はとても特殊な色です。
勘の良い方なら、もうお気づきかも知れません。私は先ほど、「紙の色」を便宜上「白色」だと仮定しました。そう、「紙の色」は本当は「真っ白」ではないんです。それぞれの紙が特有の色を持っています。色紙はもちろんのこと、限りなく白に近い色でも、真っ白ではないのです。

皆さまがお持ちの、家庭用インクジェットプリンターに「白色」インクはありませんよね?
そして、「紙の色」も「白色」ではない。こんな時に、「白色」インクはとても重要なんです。

ここまで、なにを申し上げたかったかというと、一見なにも施されていないと思われるような場所にも、「意味」があるということなんです。

「描くこと」に意味があるように、「消すこと」にも意味はある。
「なにもない」ということにも、「なにも置かない」という意志がある。
「白色」にするにも、ここは「白色」インクを使ってください、というデザイナーの意図があるんだ、ということです。

身近なお菓子の透明なビニールパッケージデザインをよく見てみてください。「白色」インクが見つかるはずです。今週のエッセイは下邨尚也がお送りいたしました。