マルシェに「víz PRiZMA」を

 週末のマルシェ 豊島区巣鴨 1-6-6 ヴィラ東邦ホワイトテラス 1階 で開催中

秋晴れの空が美しい週末となりました。今週末の23日(土)・24日(日)は、私たちeach toneが拠点を置くRYOZAN PARK巣鴨のラウンジ前で、マルシェを開催しています。お花・野菜・焼き菓子・手芸品・コーヒー・お茶・お米・パンなどなど・・素敵な食材や雑貨が並び、絵になる風景。私、柿田京子も「víz PRiZMA」のパンフレットを片手に、店先に立たせていただきました。

ー目で何なのかが見える素敵な品々が並ぶの中で、どのようにして「víz PRiZMA」のような、「祈り」をテーマにしたバーチャル空間のサービスを見せればよいのか… 普通に考えたら、思いっきりの場違い感にプレッシャーを感じてしまいそうなシーンですが、ここがRYOZAN。「どうぞ~」「何でもあり」とのオープンポリシーに、ドキドキしながらの参加です。

巣鴨駅からほど近い路地の一角で、通りすがりの地元の方々や、訪ねてきてくださったRYOZANゆかりの皆さんでにぎわい、思いのほかお話がはずみました。出展者同士も、お互いに商品や活動が興味深くて話し込んだり。おいしいお茶やコーヒーとお菓子、心地よいものに囲まれた空間で流れる空気は和やかで、人々を不思議な力でつないでいきます。

立ち止まったついでにご自身の身の上話をしていかれるシニアの方。たくさんお買い物されて「本当は、SNSとかやってみたいのよ。そうすると、こういうイベント情報がわかるんでしょ」とプチお悩みを相談されるおばあさま。子育て世代からは、「自分の親に切り出しにくいのだけれど、終活はしっかりやっておいてほしいな」との声があったり。Webミーティングではなかなか出てこない、つぶやきや何気ないコメントが、結構貴重です。抱っこやベビーカーの赤ちゃんから、子供たち、シニア、高齢者まで、様々な方が行き交う街のくつろぎ空間で交わされる言葉や気持ちは、澄んだ秋空に溶け込むようで、気持ちよく時を過ごしました。

もはや売るとか、儲けるということではなく、街という舞台で、ステージの一員となって、持ちつ持たれつの助け合いをしながら楽しく暮らすという感覚、RYOZANのスローガンになっている”Life is Better Shared”を身をもって感じたイベントでした。

明日はどんな方々に出会え、どんなお話しができるのでしょう?期待をもって明日を待ちわびる感覚、何とも幸せです。

“みえる”?

“みえる”と辞書をひくと、以下のように書かれています。

  1. 目に映る。目で確認できる。
  2. 見ることかできる。
  3. 判断される。見受けられる。そのように感じられる。
    〈weblio国語辞典(https://www.weblio.jp)より、抜粋〉

同じ単語ですが、日本語は奥深いですね。1にはどこかしら受け身な印象を受けます。なんとなくボンヤリみている印象です。ところが2と3は「意志」があります。2は可能を。3は推測を表します。
本日の投稿は私、下邨尚也と、ここを少しだけ考えてみてください。

どなたの言葉だったか失念しましたが、様々な学問(社会学・心理学・化学など、〇〇学と付くもの)を学ぶことの価値は、「新たな視点の獲得」だと聞いたことがあります。社会学を修めれば、その学問的な視点が、といった意図だと考えます。なるほど、腑に落ちます。よく、理系と文系で思考が全く違うとか言う話もありますよね。実は繋がったりもするのですが。

こんな経験はありませんか?
足を痛め、数週間の松葉杖生活。その時、気づいた階段の大変さ。
また、
それまではあまり気にはしてこなかったが、皆さま方ご自身のお子さんと同い年ぐらいの子供を、つい目で追ってしまう。
私などは、
リーディング・グラスを使うようになって、文字通り、初めて“みえる”ことの価値を知りました。

あるひとつの事象も、十人十色。様々なみえかた・感じ方があるようです。
アーティストとは、“みること”と“みられること”のプロフェッショナルなのかも知れません。
多様な「意志」を掴んできて、尚且つ、答えのない問いのように鑑賞者に伝える。

親愛なるアーティストの皆さま
あなたには、どんなコトが“みえる”?

アーティストが思うNFTの未来

今年に入ってから、NFTアートの高額落札のニュースがいくつかあり、NFTアートの知名度が一段と高まりました。
NFTアートとはデジタルアートにブロックチェーン技術を組み合わせたもののことで、その特徴は、「唯一性を証明できる」「改ざんできない」「データの作成者又は、所有者を記録できる」なのだそうです。

簡単にコピーできてしまうデジタルアートに唯一性を担保して、NFTのマーケットプレイスで所有権を売買できるというものです。
色々なサイトがその仕組みを解説しているのですが、私はデジタルアートの世界のことをほとんど知りません。そこで実際に世界最大規模のNFTマーケットプレイスOpenSeaにて作品を閲覧してみることにしました。

トップランキングを見ると、ピクセルアートやGIF、ゲームのキャラクター、文字列のみのものや、ジェネレーティブアートという、いくつかのパーツをソフトウェアのアルゴリズムで組み合わせて生成した作品など、デジタルアートの特性を強く訴えるコンセプトが人気のようでした。

これら以外のコンセプトでも多数出品されていますので、検索して「これいいな」という作品を閲覧しているだけでどんどん時がたってしまいます。
こういった作品群を鑑賞して、わたしも出品に挑戦しようかと思い始めています。

膨大な作品数のデジタルアートにNFTが活用されれば市場はより拡大していくことでしょう。
その一方でセキュリティ管理や、なりすましによる出品という問題には注意していく必要がありますが、今後発展していくであろう、新しいものを身をもって体験することは、後にふりかえって得難い経験になるのではないかと思いました。

NFTアートの今後を考えたときに、たとえば従来の絵画作品のようにキャンバスに描いた油絵が個人か美術館等に収蔵されていたとしても、著名な作家でないかぎり、アーティストが没するなどして活動を終えた後に、作品が人の目に触れる時期は限られています。回顧展が企画されたり、二次流通で高値落札されて話題になるというのは、ほとんど夢のようなもの。
アート作品は、それが制作された時代の空気が含まれます。そうなると必然的に生モノのような鮮度というか、人に見てもらえる期限があるのではないでしょうか。
NFTはバブル的に盛り上がっている分野ではありますが、アート作品の流通インフラとして確かなものとして整備普及が進めば、これまでのアート業界で培われてきたように作品の信用を形作り、作品の耐久年数を高めることでしょう。後世に残せる仕組みとして貢献してほしいと思います。

今週の担当は、高橋でした。

「リアル」でしか伝わらないこと

10月1日、長かった緊急事態宣言が解除されました。

台風の強風にあおられながら、アークヒルズを抜けて霊南坂へ。久しぶりのコンサートです。Web中継のオプションもあったものの、教会の音は、やはり生でないと。若干名の会場枠に出かけていったのでした。

天井の高い教会は、音の響きが格別です。荘厳な空気、薄明りの空間に響くパイプオルガンとトランペット。じんわりと身体に伝わる響きは、その場にリアルに存在する者だけが感じられる、不思議な感覚です。どんなにテクノロジーが進んでも、この「リアル感」の再現だけは、やはり難しいのではないかと思います。

コロナ生活、大変なことが続く中、新たな生活様式の可能性もたくさん見えてきました。その気になって工夫すれば、多くの仕事がテレワークでできること。キャンプやビーチを楽しみながら仕事することも可能であること。案外簡単に、空間(場所)を超えて、多くの人と友達になれること。ダブルワーク、トリプルワークが結構楽しいこと。何か新しいことを始めようと思った時、欲しい情報はネットを介してそこここにあり、「やる気」だけが問題であること。テクノロジーと共にあるこんな世界の中で、「リアル」であることは何なのか、改めて考えさせられました。

演奏者の方が、中世の教会のお話をされていました。「科学(医学)が発達する以前の時代、教会は、人々が病気を治しにくる場だった」と。日本のお寺もそうでした。近代医学でないと救えない病気もたくさんありますが、ある種の病気は、教会やお寺が治療の場所となっており、おそらく今でも、その役目は果たされているのかも知れません。

音があり、声があり、響きがある。絵や彫刻品や建物にアートがある。光がある。その「リアル」な空間にたたずむこと、そこで話をすること、話を聞いてもらうことで、人は何かを癒しているのかもしれません。礼拝堂いっぱいに降り注ぐ音色を浴びながら、いろいろなことがバーチャルでできる時代だからこその、「リアル」の価値を感じています。ここでしか得られないものがあるのです。きっと。

人が昔から拠り所にしていた「藝術の力」を、リアルステージで改めて感じることができた夜でした。本日は、柿田京子がお届けしました。

【説明会ご案内】NFTを活用して藝術作品を世界に届ける仕組み

(株)ORADAさんと「NFTを活用して藝術作品を世界に届ける仕組み」のZoom説明会を開きます。インターネットを介して、作品を世界に届けたい方、お気軽にご参加ください!

日時:10月2日(土)13:30-14:30 (Zoom)

★ニュースで見かける「ブロックチェーン」が気になる方

★インターネット上にどうやって出品するのか、詳細を知りたい方(作家さん向けの説明会内容ですが、作家さん以外でも、ご興味のある方はぜひいらしてください。)

ご参加申込は、こちら ⇒ https://forms.gle/MAPwCyczXUroE17v5

説明会詳細は、こちら ⇒ http://orada.co.jp/news/%e5%87%ba%e5%93%81%e8%80%85%e3%81%ae%e6%96%b9%e3%80%85%e5%90%91%e3%81%91%e3%81%aezoom%e8%aa%ac%e6%98%8e%e4%bc%9a%e3%82%92%e9%96%8b%e5%82%ac%e4%ba%88%e5%ae%9a%e3%81%a7%e3%81%99/

お盆に想う

夕焼雲(撮影:柿田京子)

お盆です。帰省して、故郷で家族・親戚一同で集い、ご先祖様の精霊をお迎えするこの時期。コロナ感染が全国に拡がり、帰省もままならぬ状況ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 都会での忙しい日々、お盆であることすら忘れてしまいがちな方もいらっしゃるかもしれません。きょうは、柿田京子が自身の子供時代にさかのぼり、お盆の思い出を語りたいと思います。

紀伊半島三重県。伊勢神宮をもう少し南へ下り、伊勢志摩の「志摩」と呼ばれるエリアに、私の父の故郷はありました。リアス式海岸の入り組んだ奥の入江。海苔や牡蠣の養殖が行われ、背後には、ミカン畑が広がるなだらかな山が迫り、山海両方の幸に恵まれた、温暖で風光明媚な、ひっそりとした田舎です。

家々の間に田畑があり、当時はまだ開墾用に牛がいて、休耕地で草を食み、ウモォ~と、のどかな鳴き声をあげていました。カブトムシ、クワガタ、セミ、そしてホタル。子供たちの気になる生き物はふんだんにおり、時々、畑の作物目当てで、イノシシ、サル、シカなども現れました。

このような田舎で過ごすお盆は、小学生の私にはまさに非日常。迎え火を焚き、盆提灯をつけ、きれいに飾られた仏壇に手を合わせ、年長の従兄たちから「この世から旅立ったご先祖さまの精霊が、お盆にはここに帰ってくる」という物語を粛々と聞き、みんなでその世界観に浸りました。

お会いしたことのない「ひいおじい様やひいおばあ様が、すぐそこで見ている」などと言われて、ものすごく緊張して、怖くて夜の廊下を歩けなくなったり。「ご先祖様は、子孫には決して悪さはしない」と言われて、ほっとしたり。

この村でも、戦時中にはほとんどの成人男性が駆り出され、南方で玉砕したそうです。高齢者と女性・子供だけでその後を乗り切ったこと、子供だけ取り残された家も多くあったことを聞き、やむなく旅立つしかなかった人々も、ここに戻ってきて、今一緒にいるのかと、想いを馳せたり。

人間の想像力は果てしなく、夕焼けが夜の闇に代わりつつある空を背景に、オレンジ色に灯された送り火を見ながら、精霊たちがあの世へ帰っていく姿を、私は自身の心の中に焼き付けたのです。

人は、記憶の世界に生きているのかも知れません。あるいは、記憶に根付いた想像や幻想の世界に生きているのかも知れません。この世から人の命がなくなっても、その人を大切に想う人の記憶の中で、「存在」は生き続けます。そして、その存在は姿がないまま、まだ生きている人々を癒し、勇気づけ、明日へのエネルギー源となっていたりするのです。そのような大人たちをたくさん見ながら、私は大人になりました。いつしか、かつての大人たちがいなくなり、それでもその存在は、私の記憶の中で消えず、衰えず、時折全く思いがけないひらめきやエネルギーなって、今の私を支えてくれたりします。

とうの昔に、牛はいなくなり、耕作はすべて機械に。田舎でも核家族化が進み、親戚一同が集まる機会はほとんどなくなりました。ホタルも珍しくなりました。今でも、迎え火は焚かれているのでしょうか? 時代とともに移りゆく伝統としきたり。庶民が何気なく受け継ぎ、生活の中で伝え続けてきた身近なヘリテージを、形は変わっても、その想いは、未来へつなぎ続けたいと思います。

each toneの1stプロジェクト「víz PRiZMA」(https://www.viz-prizma.com)には、幼かった私を育んだ、日本の風土が流れ込んでいます。

【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】

Artists Interviewロゴマーク

当サイトの人気コーナー、リニューアルのお知らせです。
ロゴも新たに、【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】として毎月月末に掲載して参ります。

過去連載分はメニューまたは、下記からどうぞ。

この夏を、全力で走り抜ける — 初年度下期のスタートです

7月になりました。each tone創業から半年が経過。今月より、初年度下期がスタートします。

思えば、厳寒の最中に事業プランを練り、神田明神に祈願し、会社設立に奔走した1月が、ずいぶん遠い昔に思えます。ずっと密度の濃い時間を過ごしてきたため、この半年が3年くらいに感じられます。新しく出会った方々の数は、3桁に達し、多くの知恵とアイデアに支えられながら、あの時、紙の上に描いた世界が、いま、「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)というブランドになって、現実に姿をあらわし始めました。

「こんなことをやりたい」という着想は、当初よりありました。メンバーそれぞれ、似たような想いを抱いていたはずです。しかし、この“ぼんやりした着想”を、共通認識を伴う「言葉」に落としこむには、実に膨大な時間とエネルギーが必要でした。ネーミングひとつ、ロゴひとつに、深い議論が重ねられ、言葉に意味が、意味に言葉が、重ねられていきました。

アイデアをかたちにする第一歩、言葉へのdeep dive。このアート冥利に尽きる創作の毎日に、私たちは深く埋没しました。RYOZAN PARK巣鴨にこもりながら、意識だけは、「虹彩(アイリス)」を虹の神様だと位置づけたギリシア時代へいったり、「víz PRiZMA」の名前の由来であるハンガリーへ行ったり、虹彩認証の歴史を紐解いたり、日本各地のテクノロジーベンチャーさんとお話しさせていただきながら、季節は過ぎていきました。

言葉になったアイデアを、ビジュアルに変換したり、サービスに創りこんだり、そしてシステムに紐づけたり。自分たちだけではできないことを、様々な領域の専門家が助けてくださいました。新しいサービスをいろいろな角度から深く理解し、期待を寄せてお力添えくださったプロフェッショナルの方々。心から、ご一緒できて良かったと思います。

目の前に積もった「今日やる」作業の山を片付けつつ、減っていく手元資金の残高を横目で眺めつつ、サービスの創りこみをしつつ、中長期への道筋をつけつつ…。やるしかない毎日の中で、メンバーの才能の引き出しが次々と開き、ひとは、これまでやったことのないことでも、やり出すと結構できるのだなあと、人の適応力と才能の奥深さを垣間見たりもしました。

先月からは説明会が始まり、お客さまとお話しする機会が増えました。ずっと企画を練ってきた私たちには、無意識のうちに慣れて当たり前になってしまった概念が、はじめての方には、不思議だったり、わかりにくかったり。そもそもの発想自体に、疑問を呈してくださる方もいらっしゃいました。その一方で、私たち以上にこの世界観に入り込み、私たちが考えも及ばなかったようなインスピレーションを与えてくださる、スーパーファンのような方々も現れました。

まだ生まれたばかりのサービスですが、たくさんのお客さま方のアイデアを採り入れ、その声に刺激をいただきながら、一歩一歩、さらに良いものを目指していきたいと思います。

梅雨があければ、夏が始まります。「víz PRiZMA そして、いのちは“光”になる」、víz (ハンガリー語:水)にちなんで、みずみずしい感性をもちながら、七色に輝くPRiZMA(ハンガリー語:プリズム)の光をもって、社会の課題のかたわらに、あり続けたい。

もっと多くの、さらにたくさんの方々に出会い、プリズムの光をお届けするために、私たちはこの夏を、全力で走り抜けたいと思います。