エンディング産業展レポート 「víz PRiZMA」オンライン説明会 ご参加者より

6/9(水)〜11(金)に東京ビックサイトで開催されたエンディング産業展に、弊社の1stプロジェクト「víz PRiZMA」を出展。その様子を先々週、弊社下邨から別投稿にてご報告させていただきました。

「víz PRiZMA」は会員制のサービスで、現在ご興味を持っていただいた方々に向けてオンライン説明会を設け、サービスのご紹介、Q&Aを実施しています。その初回にお越しいただいたご参加者のお一人が、エンディング産業展の「víz PRiZMA」のブースにも立ち寄ってくださり、その後オフィスにも遊びに来てくださいました。そしてこの度、ご本人のブログで“エンディング産業展「víz PRiZMA」”についてレポートしてくださいましたので、ご紹介させていただきます。

私たちのサービス・想い・世界観をこのように捉えて形にしていただき、勉強になると共に、とても嬉しく思います。ぜひ、ご覧ください。

【エンディング産業展③】生きた証をアートで遺す、バーチャル墓「víz PRiZMA」

おはかんり」 サイト

「víz PRiZMA」、エンディング産業展@東京ビックサイトに出展

ending_exhibition

2021.6.9(水)〜11(金)、弊社は1stプロジェクトである「víz PRiZMA」を、東京ビックサイト青海展示棟 B棟にておこなわれた『エンディング産業展』(http://ifcx.jp/)に出展。

葬儀・埋葬・供養に関する、設備・機器・サービスの集まるエンディング産業に関する専門展示会。葬祭業・墓苑・霊園管理者、寺社仏閣の宗教関係者、自治体の生活衛生関連の方々が、全国から東京ビックサイトに集いました。

バーチャル墓地サービスである、弊社本サービスの訴求・魅せ方に苦慮しましたが、サービスの柱となる、「バーチャル墓地」「コミュニティ」「プラットフォーム」を、ブランド名の『víz PRiZMA』(ハンガリー語:ウォータープリズムの意)のメタファーとして、3本の水柱と七色の光のインスタレーションとして、表現・展示しました。

プリズム写真

【メディア掲載情報】『とっぴぃ』2021年4月 春号 No.114

2021年4月 春号 No.114の“豊島区がもっと好きになる情報誌”『とっぴぃ』(発行:創発としま)の、日頃お世話になっているRYOZAN PARK様ページに、弊社記事が掲載されました。

「藝術の街 豊島区で、イノベーションを起こす藝術ベンチャー」として、関わらせて頂いている、街・コミュニティー・弊社がローンチ予定のサービスについて書かせて頂きました。

豊島区がもっと好きになる情報誌 とっぴぃ 誌面