「víz PRiZMA」、エンディング産業展@東京ビックサイトでデビュー

先月each tone最初の事業として発表、現在目下ブランドサイトオープンに向けて準備中の、バーチャル墓地新ブランド「víz PRiZMA」。この度、6月にエンディング産業展への初出展が決まりました。

エンディング産業展とは、葬儀・埋葬・供養に関する、設備・機器・サービスの集まるエンディング産業に関する専門展示会。葬祭業・墓苑・霊園管理者、寺社仏閣の宗教関係者、自治体の生活衛生関連の方々が、全国から28,000人、東京ビックサイトに集います。

歴史ある業界の盛大な一大イベントで、バーチャル墓地サービス「víz PRiZMA」を、どのような形でデビューさせるのか? 

藝術ベンチャーならではのアイディアと技を駆使し、サービス名「víz PRiZMA」の意である「水」と「プリズム(光)」を用いたインスタレーションで演出すべく、準備を進めています。

“「víz PRiZMA」の世界観”を多くの方々に知って、感じていただき、ひいてはこの展示会が、7月の「víz PRiZMA」サービススタートに向けて大きな後押しとなることを願いながら、社内一同チームワークで臨みたいと思います。

以上、本日のご案内担当は船木でした。

エンディング産業展(セレモニージャパン)
2021.6.9(水)・10(木)・11(金) 10:00〜17:00
東京ビックサイト青海展示棟 B棟
http://ifcx.jp/

夢を“かたち”に

桜も過ぎ、つつじの季節になりました。本日のエッセイ、柿田京子がお送りします。

each toneは先月、最初の事業であるバーチャル墓地のブランド「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)を発表しました。(【ブランドリリース】 – each tone 合同会社 (each-tone.com)) 5月には、「víz PRiZMA」ブランドサイトを公開。7月のサービス開始へ向けて、走り続けてまいります。

この3ヶ月は、1年分くらいの重みがありました。出会った方々の数は、早くも3桁。早朝から深夜まで、情報やアイデアが交錯して積もる中、初期のつたない発想に、どんどん具体的な方策がついていきました。たわいのない“夢物語”につきあい、貴重な支援をくださった無数の方々に支えられ、夢が“かたち”になりつつあります。

「víz PRiZMA」では、いくつかの先端技術を活用します。そのひとつ、“生体認証”の領域では、全く専門性のないeach toneメンバーに、大学の先生、要素技術をもつベンチャーの皆さん、光学領域の老舗企業、医師、写真家、聴覚専門家の方々などが、それぞれの見地から応援をくださいました。“ブロックチェーン”領域は、最先端を学んだ学生ベンチャーさんが支えてくれます。

これまで存在しなかった類のサービスを、既存の法的枠組みでどう守るのか? はるか未来におよぶサービススコープの規約作成は、難易度MAXとなっていますが、こちらも意欲あふれる弁護士の先生方と挑戦中。知財を支える辣腕弁理士の方々も。

ピンチのたびに、デザイナーやPRプロ、マーケティングと各領域の素晴らしいタレントが現れる、シェアオフィスRYOZAN PARKの人的ネットワーク。思いのほか充実していた、国と自治体の創業支援。そして、企画初期からずっと支えてくれる、東京藝術大学DOORの「墓biz」メンバーをはじめとする、多くのみなさん。

いま、私たちは、ウォルト・ディズニーの言葉を思い浮かべています。

*****

All our dreams can come true, if we have the courage to pursue them. I only hope that we don’t lose sight of one thing – that it was all started by a mouse.

夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。いつだって忘れないでほしい。すべて一匹のねずみから始まったということを。

*****

「一匹のねずみ」は、多くの方々の力を集め、ディズニーランドとなり、無数の幸せを育てました。私たちのインスピレーションも、やがて“かたち”なり、だれかの支えになれればと。

「~藝術の力を社会へ~」そして「すべてのいのちと 幸せを」。

いろいろなことがあります。良くないニュースも日々飛び交います。でも、心からの感謝をこめて。

そう、世界は美しいのです。きっと。

「船木理恵の “Artists in RiESIDENCE”」がスタート

artists in riesidence logo

今月より、「船木理恵の “Artists in RiESIDENCE”」コーナーをスタートします。

〜藝術の力を社会へ〜の企業理念のもと、私、船木理恵がアーティストにインタビュー。様々な領域の「藝術の力」を発揮するアーティストについて、each toneのHP上で特設コーナーを設け、ご紹介していきます。

本企画をどのようなインタビューにしていくのか、思いを巡らせました。

each toneらしい、each toneだから、そして今の私だからこそできるインタビュー企画とはなんだろうか? そう考えた時、ここ1年程の時間や、その中で出逢った人たちの姿が思い浮かびました。

体の中に存在する熱い信念、フィロソフィーや独自の感性。それらを藝術の力とアート思考を用いて、時に周りを巻き込みながら、そのエネルギーを人々や社会に浸透させ還元させていく「アーティスト」が、何を想い何を考えているのか? 

これまでの軌跡・苦難・転機、また未来にもスポットを当て、ご紹介していきます。

RESIDENCE(レジデンス)に” i ”を込めた”RiESIDENCE”という名の”舞台”に、welcomeの気持ちでアーティストをお迎えできるように。

私の瞳越しに映るアーティストの姿とストーリーが、記事を読んでくださっている皆さんの五感に響くように、お伝えしていきたいと思います。

第1回目のインタビューは今月下旬、どのようなアーティストが登場するのか? どうぞ楽しみにお待ちください。

「víz PRiZMA」ロゴについて

víz PRiZMAロゴ

弊社は先日、新ブランドを発表いたしました。

言葉の意味などは、先のブランドリリースの投稿で明示しましたので、今回はそのブランドロゴについて下邨が語ってみようと思います。

元となる欧文フォントは、「Optima」という特徴のあるサンセリフ体をベースにしています。このフォントはサンセリフ体でありながら、縦横の線の太さが異なり、非常に優美でありながら力強さを兼ね備えます。「víz PRiZMA」というブランドネーミングが決まった瞬間に、このフォントが相応しいなと感じました。

また、柿田・船木の意見も取り入れ、Rの斜めのラインを少しカーブさせたり、アクセントとして、“ i ”を小文字にして大きさを整えたりしています。

ブランドカラーについては、上品に、けれども意志を強く、思い切ってモノトーンとして、少しだけ黒の濃度を落としております。彩度を持たせなかったという点で、皆さまの創造の余地を残し、且つ、どの様にも変容しないという二律背反した意味を含ませました。これは“偲び”や“祈り”という行為を強く意識したものです。創造とそれらの行為は、一見、類似性が高いように見えますが、思考のベクトルが、創造では外側に、“偲び”や“祈り”では内側に向いており、相反するものなのです。後者は非常に独自性が高く、ある対象に対して、個々がそれぞれ抱く強い感情であるからです。
同じ理由から、「víz PRiZMA」はロゴタイプのみとし、ロゴマークは持たないデザインとしました。

もう少し細かく説明したい意味付けもあるのですが、サービスの詳細に触れるため、それら解禁の時に、また改めて語りたいと思っております。

5月にサービスの詳細をお知らせします。
引き続き、今後の「víz PRiZMA」をどうぞお楽しみに。

「víz PRiZMA」https://viz-prizma.com/

【ブランドリリース】

each tone は、2021年夏、「アーティストと創る、新しい“偲び”のかたち」と題し、「バーチャル墓地」サービスを開始します。ゴールデンウィーク明けのサービス内容リリースに先立ち、本日は、ブランド名「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)、ブランドロゴ、およびブランドサイト(https://viz-prizma.com/)の公表です。

víz PRiZMA そして、いのちは”光”になる ロゴ

「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)は、従来のお墓や弔いの概念を残しつつも、利便性と経済性を備えた藝術的な「バーチャル墓地」。生きている人の“いま”に寄り添い、終末期の暗くなりがちなイメージを払拭し、遠い未来に貢献する各種サービスを併せて提供します。

サービス内容の詳細リリースは、ゴールデンウィーク明け。5月に予約受付開始、7月にサービス開始。

「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)は、ハンガリー語。「víz」(ヴィーズ)は生命を育む根源である「水」の意で、多くの宗教や地域で、この世とあの世を隔てるもの(川や海など)として登場します。「PRiZMA」(プリズマ)は、「プリズム」で、透明な光を、色どり鮮やかな可視光線に分光。本来は直進する光に角度をつけ、別の方向へ届けることができます。

死に着目するだけではなく、生きる時間にフォーカスし、人々が、それぞれ有する能力を最大限発揮して人生を謳歌できるよう、光の届かないところへ、プリズムのように光を届け、世界の一隅を照らすことができるようにとの願いを込めています。

© 2020-2022 each tone LLC. All rights reserved.