「梁山泊(RYOZAN PARK)の好漢・才媛」700年の歴史を紡ぐ天祖神社に集う

昨日は、each toneがお世話になっているインキュベーション・オフィスRYOZAN PARKの皆さんと一緒に、地元の氏神様、天祖神社へ。新年の祈祷に参加させていただきました。鎌倉時代より、東京大塚の地に続く由緒ある神社。その歴史は、まもなく700年になるそうです。

政治体制が変わると、往々にして、前の時代のものは失われてしまいます。現代の私たちの戸籍制度も、さかのぼれば明治時代に始まったここ150年ほどの歴史。この天祖神社には、鎌倉時代からの寄進などの記録が保管されているそうで、実は、この地に生きた人々の想いや願いを、時を超えてしかと守り続けてきた宝庫だと知りました。

私たちeach toneが始めた「víz PRiZMA」(https://www.viz-prizma.com/)も、”生きた証”を未来へつなぐサービスで、はからずも、この神社や、お寺の過去帳に通じるところがあります。時の流れに流されず、色褪せず、どのようにして過去を受け取り、今の想いをすくいとり、未来へつなげるか。

鎌倉時代には、今の倍ほどの神社がありながら、多くが歴史の中で淘汰されてしまったとのこと。残っていることがラッキー。いま、お寺もまた、後継者不在や経営困難に直面していたりします。事業はなおのこと、努力していないと、すぐに消えてしまいます。時を紡ぐことへの大きなチャレンジに、想いを馳せました。

宮司さんが「梁山泊の好漢・才媛」と呼んでくださり、皆で本年の健康祈願と事業隆盛を祈願。忙しいはずなのに、こういう時には、どこからともなくさあーっと集まってくる大勢のメンバーたち。そして、祈祷が終わるとさあーっといなくなる。まさに「疾如風」 疾(はや)きこと風の如(ごと)く。この結社(?)の一員であることに、うれしい使命感を感じました。

Thank you, RYOZAN PARK! 最新のマインドを持ち、ITツールを使いこなしながら、こういうしっとりした企画もしてくださる社長に拍手。本日の執筆、柿田京子でした。

【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】#9

こんにちは、高橋です。2021年の大晦日いかがお過ごしでしょうか。

連続インタビュー企画【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】を更新いたしました。

9回目となる今回は、作品制作の経験を経て看護師となられた塚田尚子さんのインタビューです。

アート、モノづくりにおける視点とケアの現場の興味深い重なりについてお話を伺いました。

以下のリンクから、ぜひご覧ください。

Artists Interview #9 塚田 尚子(つかだ なおこ)さん

想定外の余白を楽しむ―モノづくりと医療を重ね合わせたその先

【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】#8

新コンテンツをアップしました。

今月のインタビューでは、日本の伝統的な表装文化を守り育てる、株式会社マスミ東京の横尾靖さん・裕子さんにお話をうかがっています。世界各地の美術館に、美術品の修復に使用する和紙を提供。伝統を受け継ぎ、時代に合わせた工夫を凝らしながら未来へ手渡していく職人の世界、どうぞご覧ください。

Artists Interview #8 横尾靖さん・裕子さん
表装美術家 株式会社マスミ東京 代表取締役・MASUMI PLUS担当
日本の表装文化を世界へ、そして未来へ伝え続ける ―豊かな気持ちを共有できる社会に

このコーナーは、each toneの「~藝術の力を社会へ~」の理念に基づき、アート思考やデザイン思考をもって、様々な分野で社会課題に寄り添うアーティストの方々の活動をご紹介しています。


世界を変えていく「フォロワー」の功績

TED*で公開された動画に、3分ほどで「ムーブメントの起こし方」を解説しているものがあります。10年近く前のものですが、時を経ても色あせない、大切なメッセージを伝えてくれていて、今でも時々見直しています。きょうは、この動画をご紹介しましょう。

How to start a movement(日本語字幕あり)

新しいアイデアや行動は、大抵、最初のひとり(発案者)から始まります。このひとりは、ほぼ「変人」です。皆が見慣れない、聞き慣れないものを、自分だけで自信をもってどーんと紹介し、熱を上げているのですから。動画では「勇気ある」と言われていますが、実のところは、情熱に突き動かされて、気持ちよくスタンドプレーする、ただの「変人」でしょう。(笑)

そして、このままでは何も起こらないのです。変人がひとりで盛り上がる、皆が遠目に観ている、以上、です。

事態が変わり始める鍵は、2番目。変人に共感し、同じように情熱に突き動かされて、一緒にスタンドプレーをし始める2人目が現れると、世間は「おや?」と思います。ひとりでは変人だったものが、2人・3人と仲間が加わることで、ニュースになり、ムーブメントへと発展していきます。素晴らしいものを発掘して広めていくのは、実は発案者ではなく、それに共感・賛同してくれる仲間なのです。

each toneの1st プロジェクト「víz PRiZMA」。バーチャル空間に、虹彩由来の生きた証を残すことを思いついてから、ちょうど1年。「何それ?」と言われがちなこの発想に、共感して、いいね! と一緒に踊ってくれている仲間は、each tone社内だけでなく社外にも拡がり、ちょっとしたニュースになり始めたように感じられます。

世界はいつも、変人が唱えるおかしなアイデアに賛同し、支えてくれる方々の手によって、進歩してきました。祈りの対象として、虹彩由来のデジタルアートを掲げた「víz PRiZMA」。この奇抜なアイデアも、最初にフォローしてくださった皆さんにより、やがてムーブメントにつながっていくことを、予感しています。

TEDの動画に重ねて、この1年、フォローしてくださった皆さんに心からの感謝をお伝えしたいと思います。みなさん、変人の最初の仲間になってくれて、本当にありがとうございます。

———

* TED(Technology Entertainment Design):世界中の著名人によるさまざまな講演会を開催・配信している非営利団体。

【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】#7

こんにちは、高橋です。
私が執筆を担当する連続インタビュー企画【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】が更新されました。
今月は、アーツアライブ 認定アートリップ®︎ アートコンダクターとして活動する髙橋由美子さんのインタビューです。

認知症の方々の芸術的感性を刺激する対話型鑑賞プログラム「アートリップ®︎」の魅力を語っていただきました。

以下のリンクから、ぜひご覧ください。

© 2020-2022 each tone LLC. All rights reserved.