【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】#8

新コンテンツをアップしました。

今月のインタビューでは、日本の伝統的な表装文化を守り育てる、株式会社マスミ東京の横尾靖さん・裕子さんにお話をうかがっています。世界各地の美術館に、美術品の修復に使用する和紙を提供。伝統を受け継ぎ、時代に合わせた工夫を凝らしながら未来へ手渡していく職人の世界、どうぞご覧ください。

Artists Interview #8 横尾靖さん・裕子さん
表装美術家 株式会社マスミ東京 代表取締役・MASUMI PLUS担当
日本の表装文化を世界へ、そして未来へ伝え続ける ―豊かな気持ちを共有できる社会に

このコーナーは、each toneの「~藝術の力を社会へ~」の理念に基づき、アート思考やデザイン思考をもって、様々な分野で社会課題に寄り添うアーティストの方々の活動をご紹介しています。


世界を変えていく「フォロワー」の功績

TED*で公開された動画に、3分ほどで「ムーブメントの起こし方」を解説しているものがあります。10年近く前のものですが、時を経ても色あせない、大切なメッセージを伝えてくれていて、今でも時々見直しています。きょうは、この動画をご紹介しましょう。

How to start a movement(日本語字幕あり)

新しいアイデアや行動は、大抵、最初のひとり(発案者)から始まります。このひとりは、ほぼ「変人」です。皆が見慣れない、聞き慣れないものを、自分だけで自信をもってどーんと紹介し、熱を上げているのですから。動画では「勇気ある」と言われていますが、実のところは、情熱に突き動かされて、気持ちよくスタンドプレーする、ただの「変人」でしょう。(笑)

そして、このままでは何も起こらないのです。変人がひとりで盛り上がる、皆が遠目に観ている、以上、です。

事態が変わり始める鍵は、2番目。変人に共感し、同じように情熱に突き動かされて、一緒にスタンドプレーをし始める2人目が現れると、世間は「おや?」と思います。ひとりでは変人だったものが、2人・3人と仲間が加わることで、ニュースになり、ムーブメントへと発展していきます。素晴らしいものを発掘して広めていくのは、実は発案者ではなく、それに共感・賛同してくれる仲間なのです。

each toneの1st プロジェクト「víz PRiZMA」。バーチャル空間に、虹彩由来の生きた証を残すことを思いついてから、ちょうど1年。「何それ?」と言われがちなこの発想に、共感して、いいね! と一緒に踊ってくれている仲間は、each tone社内だけでなく社外にも拡がり、ちょっとしたニュースになり始めたように感じられます。

世界はいつも、変人が唱えるおかしなアイデアに賛同し、支えてくれる方々の手によって、進歩してきました。祈りの対象として、虹彩由来のデジタルアートを掲げた「víz PRiZMA」。この奇抜なアイデアも、最初にフォローしてくださった皆さんにより、やがてムーブメントにつながっていくことを、予感しています。

TEDの動画に重ねて、この1年、フォローしてくださった皆さんに心からの感謝をお伝えしたいと思います。みなさん、変人の最初の仲間になってくれて、本当にありがとうございます。

———

* TED(Technology Entertainment Design):世界中の著名人によるさまざまな講演会を開催・配信している非営利団体。

【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】#7

こんにちは、高橋です。
私が執筆を担当する連続インタビュー企画【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】が更新されました。
今月は、アーツアライブ 認定アートリップ®︎ アートコンダクターとして活動する髙橋由美子さんのインタビューです。

認知症の方々の芸術的感性を刺激する対話型鑑賞プログラム「アートリップ®︎」の魅力を語っていただきました。

以下のリンクから、ぜひご覧ください。

マルシェに「víz PRiZMA」を

 週末のマルシェ 豊島区巣鴨 1-6-6 ヴィラ東邦ホワイトテラス 1階 で開催中

秋晴れの空が美しい週末となりました。今週末の23日(土)・24日(日)は、私たちeach toneが拠点を置くRYOZAN PARK巣鴨のラウンジ前で、マルシェを開催しています。お花・野菜・焼き菓子・手芸品・コーヒー・お茶・お米・パンなどなど・・素敵な食材や雑貨が並び、絵になる風景。私、柿田京子も「víz PRiZMA」のパンフレットを片手に、店先に立たせていただきました。

ー目で何なのかが見える素敵な品々が並ぶの中で、どのようにして「víz PRiZMA」のような、「祈り」をテーマにしたバーチャル空間のサービスを見せればよいのか… 普通に考えたら、思いっきりの場違い感にプレッシャーを感じてしまいそうなシーンですが、ここがRYOZAN。「どうぞ~」「何でもあり」とのオープンポリシーに、ドキドキしながらの参加です。

巣鴨駅からほど近い路地の一角で、通りすがりの地元の方々や、訪ねてきてくださったRYOZANゆかりの皆さんでにぎわい、思いのほかお話がはずみました。出展者同士も、お互いに商品や活動が興味深くて話し込んだり。おいしいお茶やコーヒーとお菓子、心地よいものに囲まれた空間で流れる空気は和やかで、人々を不思議な力でつないでいきます。

立ち止まったついでにご自身の身の上話をしていかれるシニアの方。たくさんお買い物されて「本当は、SNSとかやってみたいのよ。そうすると、こういうイベント情報がわかるんでしょ」とプチお悩みを相談されるおばあさま。子育て世代からは、「自分の親に切り出しにくいのだけれど、終活はしっかりやっておいてほしいな」との声があったり。Webミーティングではなかなか出てこない、つぶやきや何気ないコメントが、結構貴重です。抱っこやベビーカーの赤ちゃんから、子供たち、シニア、高齢者まで、様々な方が行き交う街のくつろぎ空間で交わされる言葉や気持ちは、澄んだ秋空に溶け込むようで、気持ちよく時を過ごしました。

もはや売るとか、儲けるということではなく、街という舞台で、ステージの一員となって、持ちつ持たれつの助け合いをしながら楽しく暮らすという感覚、RYOZANのスローガンになっている”Life is Better Shared”を身をもって感じたイベントでした。

明日はどんな方々に出会え、どんなお話しができるのでしょう?期待をもって明日を待ちわびる感覚、何とも幸せです。

“みえる”?

“みえる”と辞書をひくと、以下のように書かれています。

  1. 目に映る。目で確認できる。
  2. 見ることかできる。
  3. 判断される。見受けられる。そのように感じられる。
    〈weblio国語辞典(https://www.weblio.jp)より、抜粋〉

同じ単語ですが、日本語は奥深いですね。1にはどこかしら受け身な印象を受けます。なんとなくボンヤリみている印象です。ところが2と3は「意志」があります。2は可能を。3は推測を表します。
本日の投稿は私、下邨尚也と、ここを少しだけ考えてみてください。

どなたの言葉だったか失念しましたが、様々な学問(社会学・心理学・化学など、〇〇学と付くもの)を学ぶことの価値は、「新たな視点の獲得」だと聞いたことがあります。社会学を修めれば、その学問的な視点が、といった意図だと考えます。なるほど、腑に落ちます。よく、理系と文系で思考が全く違うとか言う話もありますよね。実は繋がったりもするのですが。

こんな経験はありませんか?
足を痛め、数週間の松葉杖生活。その時、気づいた階段の大変さ。
また、
それまではあまり気にはしてこなかったが、皆さま方ご自身のお子さんと同い年ぐらいの子供を、つい目で追ってしまう。
私などは、
リーディング・グラスを使うようになって、文字通り、初めて“みえる”ことの価値を知りました。

あるひとつの事象も、十人十色。様々なみえかた・感じ方があるようです。
アーティストとは、“みること”と“みられること”のプロフェッショナルなのかも知れません。
多様な「意志」を掴んできて、尚且つ、答えのない問いのように鑑賞者に伝える。

親愛なるアーティストの皆さま
あなたには、どんなコトが“みえる”?