常識で発想を制限せず、「一粒の種」を世界に提供し続ける

弓ヶ浜半島(鳥取県)上空

こんにちは。柿田京子です。久しぶりに飛行機に乗りました。「鳥の目」で眺める感覚をしばらくぶりに思い出し、拡がる世界の大きさに、いま一度、気持ちを新たにしました。

飛行機の歴史は、なかなか画期的です。
古代より飛ぶことに憧れた人類が、多くの失敗を経て、初めてその夢を叶えたのが1903年、ライト兄弟の有人動力飛行。1903年といえば20世紀。そう、飛行機の歴史はついこの間から始まったばかりなのです。
ライト兄弟の最初の飛行機、ライトフライヤー号は、むき出しの骨組みに人が腹ばいになって操縦する原始的なものでしたが、それから10年、第1次世界大戦では戦闘機が誕生。30年後の第2次世界大戦では、メッサーシュミットやゼロ戦が飛ぶこととなります。
そして、1960年代からの高度経済成長期には、旅客機、ジャンボジェット機の時代が到来します。
生まれたての飛行機は50年の間に大変貌を遂げ、一般の人々が気楽に空を飛ぶことを可能にし、短時間での国際間移動を実現させ、世界の輸送シーンを大きく塗り替えました。

ところで、ライト兄弟は、最初の有人飛行を成功させたとき、50年後の世界を予想できていたでしょうか? 恐らく、骨組みの飛行機がジャンボジェットに進化するシナリオなど、描けていなかったのではないかと思います。
50年とは、当事者とて予想がつかないほどの大きな変化をもたらす時間。水面に落とされた一粒の雫が、波紋を伴って大きく拡がっていくように、世界にもたらされた小さな種が、幾多の人々の手を経て、大きなムーブメントへつながり、見たことのない新しい世界を創っていく。
自らが乗っている快適なジェット機につながる、多くの人々の努力や貢献に思いを馳せ、世界を変えたイノベーションに敬意を表しました。

私たちの発想は、どうしても近視眼的になりがちです。いま見えているもの、いま起こっていることが永遠に続くように錯覚しがちです。でも、時は流れ、人々の力は常により良い未来のために現状を変えている。自分自身の常識にとらわれることなく、「一粒の雫」を、「一粒の種」を、世界に提供し続けることのできる存在でありたいと思いました。

ちなみに、今回訪れたのは、鳥取県米子市。山陰の地方都市であるこの街は、大山、日本海、中海を擁し、独特の地形をもつ風光明媚な土地柄。山海の産物に恵まれ、古くから朝鮮半島との往来もあり、大陸に向けて拓かれていた地域。神話の舞台としても名高いところです。日本の人口が減少していく中で、他の地方都市と同様、過疎の問題に直面しているこの街にも、「一粒の種」を植えてみたいと思いました。
この思いは大切に育てながら、近いうちに形にしたいと思います。

百戦錬磨の先輩方のハードでラブリーな「ベンチャー道」

こんにちは。柿田京子です。
きょうは、先月参加させていただいたピッチイベント「シニアビジネスグランプリ」の、歴代ファイナリストの方々との懇親会でした。シニアとはいえ、ベンチャー道。先輩諸氏の「ベンチャーあるある」エピソードの数々をうかがい、びっくりしつつも、「みんなが通る道かぁ~」と、かなりの元気をいただいてきましたので、ここで少しだけ、おすそ分けしたいと思います。

【ベンチャーあるある 1】
1日20時間以上働くという、ハイパー高負荷生活を、連続1,000日以上続けている⁈

苦笑してしまいますが、これ、案外本当です。意識ある限り仕事に向かい、消耗して意識が落ちると眠り、覚醒するとすぐさま仕事に集中。もう生命力をすべて仕事に注ぎこんでいる日々。最近の自分も、かなりこんな感じです。
運動不足、リフレッシュ不足、「こんな毎日でどうしよう・・」と思ってしまいますが、心配することないですね。みんなそうなんです。こんな毎日の合間に、何とか食べて・寝て・運動もして、掃除・洗濯もこなし、生き延びていかなければ。そして、心ゆくまで仕事世界にDeep Diveしよう!と自らに言い聞かせ、きょうからまた、とことん仕事に向き合うエネルギーをジェネレートしたのでした。

【ベンチャーあるある 2】
A4用紙1枚で描ける話を実現させるのに、1,000枚以上の資料を準備する

そうなんです!これもきっと本当です。自分ではしっかりわかっているコンセプトを、人に理解してもらうには、想像以上努力が要るのです。ある方は、ご自身でOKと思われた1枚の試算表を人に解説するために、積み重ねて2センチにおよぶ膨大な説明資料を作成されたとか。人に伝え、理解してもらい、動いてもらうためには、ここまでの度外れた徹底的なエネルギー投入が必要なのです。ここまでやりぬかないと、企画は実現しないのですね。
自分たちはまだまだだなあと、この先の膨大な道のりを感じると同時に、世の中で実現しているすべての企画に、敬意を表して乾杯!

【ベンチャーあるある 3】
絶体絶命のピンチに100回以上直面する

日々是ピンチ。そう言われると、自分はまだ毎日というほどでもなく、甘いかな?と思ったりします。お金がない・人がいない・人の課題・時間がない・ノウハウがない・売上が立たない・不測のトラブルetc.、課題は無尽蔵。そんな絶体絶命の瞬間に向き合うたびに、すべきことは「笑うこと」だそうです。「考えれば考えるほど、悪い方にしかいなかい」「外に出て、爽やかに笑い飛ばして次へ行く」が、達人の教えでした。

大胆に、思慮深く、徹底的にやるしかないなと、改めて覚悟をさせてくれたイベントでした。やはり、仲間・ネットワーク、そこから得られるものの価値は測り知れなく、きょうの機会を下さった皆さまに感謝です。

【víz PRiZMA】無料オンラインセミナー「”限りある時間”を、より良く生きる」高齢の親御さんをもつあなたへ ~いますぐ準備しておくべき3つのこと~(お申込み受付中)

新しい終活と偲びのかたちをサポートする、each toneの1stブランド「víz PRiZMA」では、「”限りある時間”を、より良く生きる」を目指し、高齢の親御さんをお持ちの方々を対象に、無料セミナーを行います。

対象は、50代~60代のプラチナ世代(もちろん、他の年齢の方々の受講もOK)。親御さんがお元気なうちに、お元気なうちだからこそ、しておきたいことをまとめてお伝えする、60分のオンラインセミナーです。

******
【víz PRiZMA】高齢の親御さんをもつあなたへ ~いますぐ準備しておくべき3つのこと~ <無料セミナー>
いざその時に後悔しないため、みんなでもっと幸せになるため、できる準備はしっかり整え「安心」を手に入れる。そんなあなたの思いやりを応援します。

日時:2022年3月22日(火) 20:00 – 21:00
場所:オンライン(Zoom) お申込みいただいた方に、アクセス方法をご連絡します。

お申し込みは、こちら

******

「すべてのいのちと 幸せを」

柿田京子です。きょうは、真剣なテーマを語ります。

トップの行いに「非」があると思った時、側近はそれを制止できるか? 
昨今の国際情勢を見ると、残念ながら、答えは限りなく”NO”に近いような気がします。

もちろん、何が「非」なのかは一概に言えるものではなく、今回のロシアとて、プーチンを駆り立てた背景には寄り添うべきでしょう。また、側近にとっては、寄り添うほど制止し難い現実もありそうです。そもそも「制止すればいいのに」という考え自体、平和な社会の甘い幻想かもしれません。絶対的な権力の元で異論を唱えれば、命が危ないわけですから。
北朝鮮しかり。ミャンマー、香港、そして戦時中の日本も。古代から続く、絶対的権力をもつ者と、ヒラメを決め込むしかない側近の構図。あきらめるしかないのでしょうか? 

これは何も、政治だけの話ではありません。企業でもよくある構図です。トップの横暴を知りながら、見て見ぬふりをする幹部ら。会社となると、多くの皆さんも身に覚えのある実例が浮かぶかもしれません。「大人の対応」「処世術」と言った言葉で丸め、甘んじて暴力を認めてしまう側近らが、日本にも多くいます。

人は皆弱い。無限の欲求をもつトップが、意に沿わない者に暴力をふるい、それを恐れる側近も泣き寝入りをする。そして、無実な人たちに被害が及ぶ。人類が何度歴史を繰り返しても経ち切れなかったこのネガティブサイクルを、何とかできないのでしょうか?

21世紀を非暴力の時代にしたいと夢見て、each toneの企業理念に「すべてのいのちと 幸せを」を掲げました。どうしたら良いのか、自分に何ができるのか、まだわかりません。

ただ、ふたつだけ、心に留めていることがあります。
1. 「暴力をもって暴力を制してはいけない」ということ
2. 悲しみや苦しみから人を救うのは「祈り」であるということ

歴史の中で、多くの偉大な先人たちがこの課題に向き合ってきました。
**********
世界の運命を暴力によって蹂躙させない唯一の方法は、
私たち一人ひとりがあらゆる暴力を肯定しないことにある。
The case that an individual doesn’t acknowledge all violence has us for the only way which doesn’t make destiny of the world violate by violence.
マハトマ・ガンディー
**********
彼らが成し遂げたことをしっかりと受け継ぎながら、暴力に対して暴力で応戦せず、しかし泣き寝入りせず、自身ができることを精一杯務めていきたいと思います。

大変な境遇にある、世界中すべての人々が、どうか幸せになれますように。

【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】#10

こんにちは、高橋です。

連続インタビュー企画【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】の10回目を更新いたしました。

今回は、アートとデザイン思考の講師としてセミナーを開講し、また自身もアーティストとして活躍される柴田雄一郎さんのインタビューです。

アート思考とはなにか、また新規事業立ち上げにどう生かすことができるのかなど貴重なお話を伺いました。

以下のリンクから、ぜひご覧ください。

Artists Interview #10 柴田 雄一郎(しばた ゆういちろう)さん

© 2020-2022 each tone LLC. All rights reserved.