常識で発想を制限せず、「一粒の種」を世界に提供し続ける

弓ヶ浜半島(鳥取県)上空

こんにちは。柿田京子です。久しぶりに飛行機に乗りました。「鳥の目」で眺める感覚をしばらくぶりに思い出し、拡がる世界の大きさに、いま一度、気持ちを新たにしました。

飛行機の歴史は、なかなか画期的です。
古代より飛ぶことに憧れた人類が、多くの失敗を経て、初めてその夢を叶えたのが1903年、ライト兄弟の有人動力飛行。1903年といえば20世紀。そう、飛行機の歴史はついこの間から始まったばかりなのです。
ライト兄弟の最初の飛行機、ライトフライヤー号は、むき出しの骨組みに人が腹ばいになって操縦する原始的なものでしたが、それから10年、第1次世界大戦では戦闘機が誕生。30年後の第2次世界大戦では、メッサーシュミットやゼロ戦が飛ぶこととなります。
そして、1960年代からの高度経済成長期には、旅客機、ジャンボジェット機の時代が到来します。
生まれたての飛行機は50年の間に大変貌を遂げ、一般の人々が気楽に空を飛ぶことを可能にし、短時間での国際間移動を実現させ、世界の輸送シーンを大きく塗り替えました。

ところで、ライト兄弟は、最初の有人飛行を成功させたとき、50年後の世界を予想できていたでしょうか? 恐らく、骨組みの飛行機がジャンボジェットに進化するシナリオなど、描けていなかったのではないかと思います。
50年とは、当事者とて予想がつかないほどの大きな変化をもたらす時間。水面に落とされた一粒の雫が、波紋を伴って大きく拡がっていくように、世界にもたらされた小さな種が、幾多の人々の手を経て、大きなムーブメントへつながり、見たことのない新しい世界を創っていく。
自らが乗っている快適なジェット機につながる、多くの人々の努力や貢献に思いを馳せ、世界を変えたイノベーションに敬意を表しました。

私たちの発想は、どうしても近視眼的になりがちです。いま見えているもの、いま起こっていることが永遠に続くように錯覚しがちです。でも、時は流れ、人々の力は常により良い未来のために現状を変えている。自分自身の常識にとらわれることなく、「一粒の雫」を、「一粒の種」を、世界に提供し続けることのできる存在でありたいと思いました。

ちなみに、今回訪れたのは、鳥取県米子市。山陰の地方都市であるこの街は、大山、日本海、中海を擁し、独特の地形をもつ風光明媚な土地柄。山海の産物に恵まれ、古くから朝鮮半島との往来もあり、大陸に向けて拓かれていた地域。神話の舞台としても名高いところです。日本の人口が減少していく中で、他の地方都市と同様、過疎の問題に直面しているこの街にも、「一粒の種」を植えてみたいと思いました。
この思いは大切に育てながら、近いうちに形にしたいと思います。

初のクラウドファンディングに挑戦中! みなさん、ご支援よろしくお願いいたします。<<高橋若余 制作のvíz PRiZMA特製クリアファイル 2,000円のリターン がお勧めです>>

みなさま、こんにちは。東京は、桜が見ごろ。街歩きを楽しみながら、日本の春を満喫しています。さて、満開の桜のもとで、each toneは、初のクラウドファンディングに挑戦中です。

昨年立ち上げた 1st プロジェクト「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)は、生と死、限りあるいのちをテーマにしながら、祈りの世界をメタバースに置くことで、旧来のエンディングの在り方を、より時代にマッチしたものにしようという事業です。

多くの方々に、この世界観をご紹介したいと、この度(ドキドキしながら)初のクラウドファンディングに挑戦しています。

特にお勧めは、2,000円のリターン、each toneの高橋若余(Social Artist)制作の特製クリアフォルダー。高橋が試行錯誤を重ねながら、納得のいくものに仕上げました。この機会に、ぜひゲットしてみてくださいね!

クラウドファンディング(キャンプファイヤー)は、こちら

クリアファイル制作模様は、前回の投稿をご覧ください。

多くの皆さま方のご支援をお待ちしています!

実際にやって初めてわかるアートのエキサイティングな体験

こんにちは、高橋若余です。

今日は、アート活動のエキサイティングな喜びと、それが自分を知るということにどう繋がってくるのか、わたしの気づきを書いていきます。

each toneが立ち上げたブランド「víz PRiZMA」のワークショップではアート表現を取り入れていて、そのパートを自分でも実習した時のことです。
最初は自分の過去をイメージした絵を一枚作ります。色使いはフィーリングでサッと決めました。

不安に包まれたポジティブな感情というイメージ。


二枚目もフィーリングで色を決めます。ここは現在の自分をイメージしました。

期待と喜び、アクティブなイメージ。


三枚目(ここでは自分の未来をイメージする)で完成なので、取り掛かる前に手を止めていま描いたものを観察することにしました。
一枚目と二枚目では同じマゼンタのカラーを使っていました。なんとなく自分の情熱や感情を表現するつもりでマゼンタを使ったのですが、二枚連続で使っているので、この色は自分自身なのかなと設定を修整。

初めはぼんやりとした想像でしかなかったものが描き終わって、ちょっと俯瞰して見ることで、そこに連続した意味付けが生まれて、はっきりした解釈におさまっていきました。実際の絵柄は変わらないのですが、後からの解釈で意味が足されたり強化されることを創作活動と同時進行で実感しました。

マゼンタ=自分であるならば、3枚目もマゼンタを使うことにしよう。ここはフィーリングではなく意図をもって選ぶことにしました。3枚目は、社会性をもって自分らしさが適切に表現できている。自分自身の持っている世界がより広がっている。そんなイメージです。

色をできる限り薄くのばし包み込むイメージ。

今回の三枚の絵を描くという活動を通して、自分の人生における過去と現在の関係や、現在が未来にどう影響するのかを仮想体験したように感じました。本当の体験ではないけどリアルさがあるということです。

過去の事実は不変ですが、現在から見下ろすことでその意味は変えられ続けているのだと思います。そういう点においては、過去は現在が作るものであるし、未来は現在という過去が作るものだと言えます。

外からは、けして見えない変化ではありますが、何かを作るという活動は自分なりの成果を与えるエキサイティングな喜びに満ちています。

完成。

今回は高橋がお届けいたしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の作品は、現在進行中のクラウドファンディングのリターン「クリアファイル」として制作されました。
こちらのページに掲載中ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

https://camp-fire.jp/projects/view/566192

百戦錬磨の先輩方のハードでラブリーな「ベンチャー道」

こんにちは。柿田京子です。
きょうは、先月参加させていただいたピッチイベント「シニアビジネスグランプリ」の、歴代ファイナリストの方々との懇親会でした。シニアとはいえ、ベンチャー道。先輩諸氏の「ベンチャーあるある」エピソードの数々をうかがい、びっくりしつつも、「みんなが通る道かぁ~」と、かなりの元気をいただいてきましたので、ここで少しだけ、おすそ分けしたいと思います。

【ベンチャーあるある 1】
1日20時間以上働くという、ハイパー高負荷生活を、連続1,000日以上続けている⁈

苦笑してしまいますが、これ、案外本当です。意識ある限り仕事に向かい、消耗して意識が落ちると眠り、覚醒するとすぐさま仕事に集中。もう生命力をすべて仕事に注ぎこんでいる日々。最近の自分も、かなりこんな感じです。
運動不足、リフレッシュ不足、「こんな毎日でどうしよう・・」と思ってしまいますが、心配することないですね。みんなそうなんです。こんな毎日の合間に、何とか食べて・寝て・運動もして、掃除・洗濯もこなし、生き延びていかなければ。そして、心ゆくまで仕事世界にDeep Diveしよう!と自らに言い聞かせ、きょうからまた、とことん仕事に向き合うエネルギーをジェネレートしたのでした。

【ベンチャーあるある 2】
A4用紙1枚で描ける話を実現させるのに、1,000枚以上の資料を準備する

そうなんです!これもきっと本当です。自分ではしっかりわかっているコンセプトを、人に理解してもらうには、想像以上努力が要るのです。ある方は、ご自身でOKと思われた1枚の試算表を人に解説するために、積み重ねて2センチにおよぶ膨大な説明資料を作成されたとか。人に伝え、理解してもらい、動いてもらうためには、ここまでの度外れた徹底的なエネルギー投入が必要なのです。ここまでやりぬかないと、企画は実現しないのですね。
自分たちはまだまだだなあと、この先の膨大な道のりを感じると同時に、世の中で実現しているすべての企画に、敬意を表して乾杯!

【ベンチャーあるある 3】
絶体絶命のピンチに100回以上直面する

日々是ピンチ。そう言われると、自分はまだ毎日というほどでもなく、甘いかな?と思ったりします。お金がない・人がいない・人の課題・時間がない・ノウハウがない・売上が立たない・不測のトラブルetc.、課題は無尽蔵。そんな絶体絶命の瞬間に向き合うたびに、すべきことは「笑うこと」だそうです。「考えれば考えるほど、悪い方にしかいなかい」「外に出て、爽やかに笑い飛ばして次へ行く」が、達人の教えでした。

大胆に、思慮深く、徹底的にやるしかないなと、改めて覚悟をさせてくれたイベントでした。やはり、仲間・ネットワーク、そこから得られるものの価値は測り知れなく、きょうの機会を下さった皆さまに感謝です。

クラウドファンディングに挑戦します!

こんにちは、高橋です。

毎日寒い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
each toneでは新たなチャレンジとして
クラウドファンディングの準備を始めました。

我々の最初のプロジェクト「víz PRiZMA」(ヴィーズプリズマ)
をより多くの方々に知っていただくため。
ご意見やご感想をいただいて、応援していただけるように。
そして、よりよいブランドに進化させるため、
クラウドファンディングの企画を立ち上げようとしています。

「víz PRiZMA」は昨年、
会員制バーチャル墓地として始まりましたが
参加されるご本人に、作品作りを体験していただくため、
特別な一日のプロデュース、終活イベント的な要素を備えています。

そして想いをこめて制作した絵画と、
ご本人の虹彩情報を掛け合わせて生まれた作品は
藝術とテクノロジーを活用して
祈りや偲ぶ気持ちをどう具現化できるか、
後世に遺せるかという挑戦でもあります。

しかし企画タイトルは40文字制限!
どのような言葉を選べば簡潔にお伝えできるのか?

…アートで終活を楽しく、
 唯一無二の生体データとテクノロジーの活用、
 バーチャル墓地、メディアアートが作れる
 人生の時間を意識して、よりよく生きたいと願う
 「安心」のための準備のお手伝い…等々

様々なワードが頭を巡っているのですが
ひとつ軸になるのは、
「自分のことを自分で考え、決めたいという願い」
ここに藝術の力を借りながら、
楽しく取り組むお手伝いがしたい、ということ。
みなさまに「víz PRiZMA」の持つ世界観や
どのような魅力を提供できるブランドなのか
しっかりお伝えできるよう企画を整えてまいります。

クラウドファンディングのプロジェクト立ち上げは
3月初旬の予定です。
多くの方の目に留めていただけるように
頑張ります!

© 2020-2022 each tone LLC. All rights reserved.