想いをこめることの意味

お久しぶりです。高橋です。
each toneに勤務し始めて3ヶ月経ちました。

each toneはアーティストと創る新しい偲びの形として、「víz PRiZMA」という会員制のブランドを立ち上げました。
「víz PRiZMA」の入会者は、最初に藝術ワークショップにご参加いただき、1日かけて想いを込めた作品をつくります。
ワークショップの目的は、限りある生に目を向け、生きている大切さを実感し、今後の人生をより良く生きることにあります。

作品に想いを込めるとは、何を指しているのでしょうか。想いをこめた作品を作ったとして、その先に何があるのでしょうか。
わたしの考えを述べてみようと思います。

まず、想いをこめるというのは、誰かのために行動したとき際立って実感されるものではないでしょうか。
例えば、プレゼントを贈るとき、相手が欲しいものは何か考えます。あるアイテムがピンときたら、それはどんなタイミングで使ってもらえるだろうとか、相手が好む色は、と思案を巡らせます。
もしかしたらもう持っているかも、要らないものだったらどうしよう、でもアタリなら喜んでくれるんじゃないかという期待と不安のせめぎあいを「これだ!」と感じた時の自分自身のひらめきを頼りに他の候補を捨て、決断します。
想いのこもったプレゼントとは納得いくまで様々に悩みぬいて決めたものの事だと思います。

作品作りもそれに似ています。
画面の右上にもっと深い色の絵の具が欲しい、もっと強くエネルギッシュに見せたいときはどうしたらいいだろう。何度も絵の具の混ぜ具合や置き方を試します。
思わぬところにはみ出てしまった! そんなときは他を加筆してなんとか良いハーモニーにならないかを探ります。
やりすぎて失敗した時は、最初からやり直すのも大切です。
作品の要素のひとつひとつに、その時何を考えていたかという記憶が伴います。
どうせこんなものだろうという気持ちをぐっとこらえて試行錯誤を重ねて、自分だけがわかる「ここで完成した、もう十分。」という所まで持っていけた時に、想いはこめられたと言えるのではないでしょうか。
このような体験は、自分は何が好きでどのような傾向があって、どういうイマジネーションを持っているのかを確かめることできます。

想いをこめた作品を作り、人生をより良く生きるにはどうすればよいかと考える。とても大きなテーマです。
しかし、私たちは毎日、様々なことに悩んだ上で、複数ある選択肢の中から、ひとつを選ぶことを繰り返しています。例えば、コーヒーはアイスにするかホットにするか。ボッーっとテレビを見ている時に、どのチャンネルを見るか。
ただ、そのことを考える暇もないほど忙しいのです。
だからこそ人生という時間のなかの、ある一日を作品と共に記憶にとどめておいて、その日を結節点にして人生をより良くしたいと念じる。
そして、自分を知ることによって自分らしい活力ある生き方を希望できる。
作品に想いをこめることの意味はそこにあるのではないでしょうか。

この夏を、全力で走り抜ける — 初年度下期のスタートです

7月になりました。each tone創業から半年が経過。今月より、初年度下期がスタートします。

思えば、厳寒の最中に事業プランを練り、神田明神に祈願し、会社設立に奔走した1月が、ずいぶん遠い昔に思えます。ずっと密度の濃い時間を過ごしてきたため、この半年が3年くらいに感じられます。新しく出会った方々の数は、3桁に達し、多くの知恵とアイデアに支えられながら、あの時、紙の上に描いた世界が、いま、「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)というブランドになって、現実に姿をあらわし始めました。

「こんなことをやりたい」という着想は、当初よりありました。メンバーそれぞれ、似たような想いを抱いていたはずです。しかし、この“ぼんやりした着想”を、共通認識を伴う「言葉」に落としこむには、実に膨大な時間とエネルギーが必要でした。ネーミングひとつ、ロゴひとつに、深い議論が重ねられ、言葉に意味が、意味に言葉が、重ねられていきました。

アイデアをかたちにする第一歩、言葉へのdeep dive。このアート冥利に尽きる創作の毎日に、私たちは深く埋没しました。RYOZAN PARK巣鴨にこもりながら、意識だけは、「虹彩(アイリス)」を虹の神様だと位置づけたギリシア時代へいったり、「víz PRiZMA」の名前の由来であるハンガリーへ行ったり、虹彩認証の歴史を紐解いたり、日本各地のテクノロジーベンチャーさんとお話しさせていただきながら、季節は過ぎていきました。

言葉になったアイデアを、ビジュアルに変換したり、サービスに創りこんだり、そしてシステムに紐づけたり。自分たちだけではできないことを、様々な領域の専門家が助けてくださいました。新しいサービスをいろいろな角度から深く理解し、期待を寄せてお力添えくださったプロフェッショナルの方々。心から、ご一緒できて良かったと思います。

目の前に積もった「今日やる」作業の山を片付けつつ、減っていく手元資金の残高を横目で眺めつつ、サービスの創りこみをしつつ、中長期への道筋をつけつつ…。やるしかない毎日の中で、メンバーの才能の引き出しが次々と開き、ひとは、これまでやったことのないことでも、やり出すと結構できるのだなあと、人の適応力と才能の奥深さを垣間見たりもしました。

先月からは説明会が始まり、お客さまとお話しする機会が増えました。ずっと企画を練ってきた私たちには、無意識のうちに慣れて当たり前になってしまった概念が、はじめての方には、不思議だったり、わかりにくかったり。そもそもの発想自体に、疑問を呈してくださる方もいらっしゃいました。その一方で、私たち以上にこの世界観に入り込み、私たちが考えも及ばなかったようなインスピレーションを与えてくださる、スーパーファンのような方々も現れました。

まだ生まれたばかりのサービスですが、たくさんのお客さま方のアイデアを採り入れ、その声に刺激をいただきながら、一歩一歩、さらに良いものを目指していきたいと思います。

梅雨があければ、夏が始まります。「víz PRiZMA そして、いのちは“光”になる」、víz (ハンガリー語:水)にちなんで、みずみずしい感性をもちながら、七色に輝くPRiZMA(ハンガリー語:プリズム)の光をもって、社会の課題のかたわらに、あり続けたい。

もっと多くの、さらにたくさんの方々に出会い、プリズムの光をお届けするために、私たちはこの夏を、全力で走り抜けたいと思います。

「víz PRiZMA」、エンディング産業展@東京ビックサイトに出展

ending_exhibition

2021.6.9(水)〜11(金)、弊社は1stプロジェクトである「víz PRiZMA」を、東京ビックサイト青海展示棟 B棟にておこなわれた『エンディング産業展』(http://ifcx.jp/)に出展。

葬儀・埋葬・供養に関する、設備・機器・サービスの集まるエンディング産業に関する専門展示会。葬祭業・墓苑・霊園管理者、寺社仏閣の宗教関係者、自治体の生活衛生関連の方々が、全国から東京ビックサイトに集いました。

バーチャル墓地サービスである、弊社本サービスの訴求・魅せ方に苦慮しましたが、サービスの柱となる、「バーチャル墓地」「コミュニティ」「プラットフォーム」を、ブランド名の『víz PRiZMA』(ハンガリー語:ウォータープリズムの意)のメタファーとして、3本の水柱と七色の光のインスタレーションとして、表現・展示しました。

プリズム写真