アーティストが思うNFTの未来

今年に入ってから、NFTアートの高額落札のニュースがいくつかあり、NFTアートの知名度が一段と高まりました。
NFTアートとはデジタルアートにブロックチェーン技術を組み合わせたもののことで、その特徴は、「唯一性を証明できる」「改ざんできない」「データの作成者又は、所有者を記録できる」なのだそうです。

簡単にコピーできてしまうデジタルアートに唯一性を担保して、NFTのマーケットプレイスで所有権を売買できるというものです。
色々なサイトがその仕組みを解説しているのですが、私はデジタルアートの世界のことをほとんど知りません。そこで実際に世界最大規模のNFTマーケットプレイスOpenSeaにて作品を閲覧してみることにしました。

トップランキングを見ると、ピクセルアートやGIF、ゲームのキャラクター、文字列のみのものや、ジェネレーティブアートという、いくつかのパーツをソフトウェアのアルゴリズムで組み合わせて生成した作品など、デジタルアートの特性を強く訴えるコンセプトが人気のようでした。

これら以外のコンセプトでも多数出品されていますので、検索して「これいいな」という作品を閲覧しているだけでどんどん時がたってしまいます。
こういった作品群を鑑賞して、わたしも出品に挑戦しようかと思い始めています。

膨大な作品数のデジタルアートにNFTが活用されれば市場はより拡大していくことでしょう。
その一方でセキュリティ管理や、なりすましによる出品という問題には注意していく必要がありますが、今後発展していくであろう、新しいものを身をもって体験することは、後にふりかえって得難い経験になるのではないかと思いました。

NFTアートの今後を考えたときに、たとえば従来の絵画作品のようにキャンバスに描いた油絵が個人か美術館等に収蔵されていたとしても、著名な作家でないかぎり、アーティストが没するなどして活動を終えた後に、作品が人の目に触れる時期は限られています。回顧展が企画されたり、二次流通で高値落札されて話題になるというのは、ほとんど夢のようなもの。
アート作品は、それが制作された時代の空気が含まれます。そうなると必然的に生モノのような鮮度というか、人に見てもらえる期限があるのではないでしょうか。
NFTはバブル的に盛り上がっている分野ではありますが、アート作品の流通インフラとして確かなものとして整備普及が進めば、これまでのアート業界で培われてきたように作品の信用を形作り、作品の耐久年数を高めることでしょう。後世に残せる仕組みとして貢献してほしいと思います。

今週の担当は、高橋でした。

【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】#6

お久しぶりです。高橋でございます。
当サイトの【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】が更新されました。
今月は、千葉県の一宮町で活躍する美術家こまちだたまおさんのインタビューです。

今回も記事執筆を私が担当しました。こまちださんが代表をつとめる造形教室「たまあーと創作工房」の雰囲気を写真とあわせてお楽しみいただければと思います。

以下のリンクから、ご覧ください。

想いをこめることの意味

お久しぶりです。高橋です。
each toneに勤務し始めて3ヶ月経ちました。

each toneはアーティストと創る新しい偲びの形として、「víz PRiZMA」という会員制のブランドを立ち上げました。
「víz PRiZMA」の入会者は、最初に藝術ワークショップにご参加いただき、1日かけて想いを込めた作品をつくります。
ワークショップの目的は、限りある生に目を向け、生きている大切さを実感し、今後の人生をより良く生きることにあります。

作品に想いを込めるとは、何を指しているのでしょうか。想いをこめた作品を作ったとして、その先に何があるのでしょうか。
わたしの考えを述べてみようと思います。

まず、想いをこめるというのは、誰かのために行動したとき際立って実感されるものではないでしょうか。
例えば、プレゼントを贈るとき、相手が欲しいものは何か考えます。あるアイテムがピンときたら、それはどんなタイミングで使ってもらえるだろうとか、相手が好む色は、と思案を巡らせます。
もしかしたらもう持っているかも、要らないものだったらどうしよう、でもアタリなら喜んでくれるんじゃないかという期待と不安のせめぎあいを「これだ!」と感じた時の自分自身のひらめきを頼りに他の候補を捨て、決断します。
想いのこもったプレゼントとは納得いくまで様々に悩みぬいて決めたものの事だと思います。

作品作りもそれに似ています。
画面の右上にもっと深い色の絵の具が欲しい、もっと強くエネルギッシュに見せたいときはどうしたらいいだろう。何度も絵の具の混ぜ具合や置き方を試します。
思わぬところにはみ出てしまった! そんなときは他を加筆してなんとか良いハーモニーにならないかを探ります。
やりすぎて失敗した時は、最初からやり直すのも大切です。
作品の要素のひとつひとつに、その時何を考えていたかという記憶が伴います。
どうせこんなものだろうという気持ちをぐっとこらえて試行錯誤を重ねて、自分だけがわかる「ここで完成した、もう十分。」という所まで持っていけた時に、想いはこめられたと言えるのではないでしょうか。
このような体験は、自分は何が好きでどのような傾向があって、どういうイマジネーションを持っているのかを確かめることできます。

想いをこめた作品を作り、人生をより良く生きるにはどうすればよいかと考える。とても大きなテーマです。
しかし、私たちは毎日、様々なことに悩んだ上で、複数ある選択肢の中から、ひとつを選ぶことを繰り返しています。例えば、コーヒーはアイスにするかホットにするか。ボッーっとテレビを見ている時に、どのチャンネルを見るか。
ただ、そのことを考える暇もないほど忙しいのです。
だからこそ人生という時間のなかの、ある一日を作品と共に記憶にとどめておいて、その日を結節点にして人生をより良くしたいと念じる。
そして、自分を知ることによって自分らしい活力ある生き方を希望できる。
作品に想いをこめることの意味はそこにあるのではないでしょうか。

生活の中で見えた藝術の力

みなさま初めまして、髙橋です。東京藝術大学DOORプロジェクトからの繋がりで、4月よりeach toneにソーシャルアーティストとして勤務しています。

弊社が掲げる企業理念『〜藝術の力を社会へ〜』とはどういうことなのでしょうか。私からのごあいさつも兼ねて、今回はこのテーマについて考えてみたいと思います。

私は昨年の春から一年間、都内のサービス付き高齢者向け住宅でアーティスト・イン・レジデンス*に参加しました。この企画では、アーティストとして高齢者向け住宅に入居しますが、食堂で一緒に食事したり、おしゃべりしたり、ひとりの住人として日々過ごします。

滞在先では、多くの方と出会いましたが、そのなかでも特に思い出深い方がいらっしゃいました。その方は知的障害があって、今思い返しますと、ほんのささいな事なのですが、シチュエーションにあわせて言動を調節することが不得手でした。経験乏しい私はそのことで動揺し、その方に対して今後どう対応していけばよいのか悩んでしまったのです。

そこで私がどうしたか。その人の行動をつぶさに見てみよう。人となりについて、詳しくなってみようという気持ちで接することに決めました。一方的に、自分のことをめいっぱいお話しされるのですが、負けずにこちらからもたくさん質問を投げました。

目的意識をもって向き合うと、行動の因果関係がだんだん見えてきて、この人は、本当に楽しかったことを一生懸命私に伝えようとしている。楽しい事が人生の中心にあるのだと知ることができました。そして、自分の話題に夢中になってしまうという特性はあるものの、会話中はイライラしたり、怒ったりというのが無く、安定していることもわかりました。
最初は戸惑いを覚えていたのに、会話を終えるころにはある種の接しやすさを感じていることに気がついたのです。

私がしたことは、ただの時間をかけたおしゃべりでした。客観的にみれば当たり前のことに気づいただけと思われるでしょう。

しかし、このようにも考えます。レジデンスに参加していなかったら、障害を持つその人と関わりを持てただろうか? 自分なりに理解したいと望み、そこで得たことを周りに伝えようとしただろうか? 
アーティストという第三者的立場で居合わせたからこそ、自分にとって難しいと思うことに向き合おうとしたのだと思います。

人がある状況にでくわした時、藝術という選択があることで、普段できないこと、考えなかったことが可能になるのではないか。その積み重ねが社会を変革していくのではないか。そんなふうに社会の中の藝術を捉えています。

*アーティストが一定期間ある土地に滞在し、常時とは異なる文化環境で作品制作やリサーチ活動を行うこと。(https://bijutsutecho.com/artwiki/17 より引用)