実際にやって初めてわかるアートのエキサイティングな体験

こんにちは、高橋若余です。

今日は、アート活動のエキサイティングな喜びと、それが自分を知るということにどう繋がってくるのか、わたしの気づきを書いていきます。

each toneが立ち上げたブランド「víz PRiZMA」のワークショップではアート表現を取り入れていて、そのパートを自分でも実習した時のことです。
最初は自分の過去をイメージした絵を一枚作ります。色使いはフィーリングでサッと決めました。

不安に包まれたポジティブな感情というイメージ。


二枚目もフィーリングで色を決めます。ここは現在の自分をイメージしました。

期待と喜び、アクティブなイメージ。


三枚目(ここでは自分の未来をイメージする)で完成なので、取り掛かる前に手を止めていま描いたものを観察することにしました。
一枚目と二枚目では同じマゼンタのカラーを使っていました。なんとなく自分の情熱や感情を表現するつもりでマゼンタを使ったのですが、二枚連続で使っているので、この色は自分自身なのかなと設定を修整。

初めはぼんやりとした想像でしかなかったものが描き終わって、ちょっと俯瞰して見ることで、そこに連続した意味付けが生まれて、はっきりした解釈におさまっていきました。実際の絵柄は変わらないのですが、後からの解釈で意味が足されたり強化されることを創作活動と同時進行で実感しました。

マゼンタ=自分であるならば、3枚目もマゼンタを使うことにしよう。ここはフィーリングではなく意図をもって選ぶことにしました。3枚目は、社会性をもって自分らしさが適切に表現できている。自分自身の持っている世界がより広がっている。そんなイメージです。

色をできる限り薄くのばし包み込むイメージ。

今回の三枚の絵を描くという活動を通して、自分の人生における過去と現在の関係や、現在が未来にどう影響するのかを仮想体験したように感じました。本当の体験ではないけどリアルさがあるということです。

過去の事実は不変ですが、現在から見下ろすことでその意味は変えられ続けているのだと思います。そういう点においては、過去は現在が作るものであるし、未来は現在という過去が作るものだと言えます。

外からは、けして見えない変化ではありますが、何かを作るという活動は自分なりの成果を与えるエキサイティングな喜びに満ちています。

完成。

今回は高橋がお届けいたしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の作品は、現在進行中のクラウドファンディングのリターン「クリアファイル」として制作されました。
こちらのページに掲載中ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

https://camp-fire.jp/projects/view/566192

クラウドファンディングに挑戦します!

こんにちは、高橋です。

毎日寒い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
each toneでは新たなチャレンジとして
クラウドファンディングの準備を始めました。

我々の最初のプロジェクト「víz PRiZMA」(ヴィーズプリズマ)
をより多くの方々に知っていただくため。
ご意見やご感想をいただいて、応援していただけるように。
そして、よりよいブランドに進化させるため、
クラウドファンディングの企画を立ち上げようとしています。

「víz PRiZMA」は昨年、
会員制バーチャル墓地として始まりましたが
参加されるご本人に、作品作りを体験していただくため、
特別な一日のプロデュース、終活イベント的な要素を備えています。

そして想いをこめて制作した絵画と、
ご本人の虹彩情報を掛け合わせて生まれた作品は
藝術とテクノロジーを活用して
祈りや偲ぶ気持ちをどう具現化できるか、
後世に遺せるかという挑戦でもあります。

しかし企画タイトルは40文字制限!
どのような言葉を選べば簡潔にお伝えできるのか?

…アートで終活を楽しく、
 唯一無二の生体データとテクノロジーの活用、
 バーチャル墓地、メディアアートが作れる
 人生の時間を意識して、よりよく生きたいと願う
 「安心」のための準備のお手伝い…等々

様々なワードが頭を巡っているのですが
ひとつ軸になるのは、
「自分のことを自分で考え、決めたいという願い」
ここに藝術の力を借りながら、
楽しく取り組むお手伝いがしたい、ということ。
みなさまに「víz PRiZMA」の持つ世界観や
どのような魅力を提供できるブランドなのか
しっかりお伝えできるよう企画を整えてまいります。

クラウドファンディングのプロジェクト立ち上げは
3月初旬の予定です。
多くの方の目に留めていただけるように
頑張ります!

【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】#10

こんにちは、高橋です。

連続インタビュー企画【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】の10回目を更新いたしました。

今回は、アートとデザイン思考の講師としてセミナーを開講し、また自身もアーティストとして活躍される柴田雄一郎さんのインタビューです。

アート思考とはなにか、また新規事業立ち上げにどう生かすことができるのかなど貴重なお話を伺いました。

以下のリンクから、ぜひご覧ください。

Artists Interview #10 柴田 雄一郎(しばた ゆういちろう)さん

【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】#9

こんにちは、高橋です。2021年の大晦日いかがお過ごしでしょうか。

連続インタビュー企画【Artists Interview ~藝術の力を社会へ~】を更新いたしました。

9回目となる今回は、作品制作の経験を経て看護師となられた塚田尚子さんのインタビューです。

アート、モノづくりにおける視点とケアの現場の興味深い重なりについてお話を伺いました。

以下のリンクから、ぜひご覧ください。

Artists Interview #9 塚田 尚子(つかだ なおこ)さん

想定外の余白を楽しむ―モノづくりと医療を重ね合わせたその先

絵は気持ちで描く

こんにちは髙橋です。

今日は、わたしが絵を描くことについて、どう考えているのか。個人的な所感をお話しようと思います。

以前のわたしは、絵を描きたいと思っているのに描きたいものがなくて困っていました。描く力がなくなったのかと思うほどでした。 

時々、描きたいものはあったのですが、満足いくように描けないと思うと手が止まる。満足いくように描くには、手を動かして試行錯誤を重ね、資料と見比べながらイメージを固める作業を繰り返す。そうすれば仕上げまで進めて行けたはず。それができなかったのは、思い込みがあったからです。

自分の中の思い込みが、描くことに対して消極的にさせていました。しばらく描かない期間ができると、下手になっているんじゃないかと焦りも出てきます。上手く描かなければとか、スムーズに理想にたどり着けないのを、力不足と感じて気持ちが途切れてしまう。 

描かなくなったのは、そもそも描きたいものがない。描く目的がないからだということは、自分でもわかっていました。アイディアやひらめきを生むためのインプットも足りませんでした。描くこと自体が目的になると、絵は描けなくなってしまいます。 

そもそも絵は非言語のメディアです。何か伝えたいものがあって、伝えたい誰がいるから描き続けられるものだと思います。 

そんな思い込みをどうやって解いていけばいいのか悩んでいたとき、ある作品に触れました。こんなふうに絵を描いてみたいという気持ちが強烈に、しかし驚くほど自然に湧いてきました。 

再び描き始めたことでわかったのは、絵を描く力は落ちないということ。描きたい気持ちがでてくれば 、細かいところまで諦めずに調整したくなるのでクオリティがあがり、結果として思い通りの仕上がりになります。描きたいのに描けない。描きたいように描けないという、心のつかえを越えていくことができました。 

伝えたいことがあれば、人は自然と行動に移すことができます。例えば、面白い映画を見たら内容を人に話したくなることがあるでしょう。映画のどこに感銘を受けたのか自分の視点で魅力を伝えたくなるものだと思います。特に人に視聴をすすめたい時は、どんどん言葉が出てくるのではないでしょうか。 

絵は、思考や感情も含めた情報の伝達です。伝えたい気持ちがあれば絵が描ける。その本来的なところに立ち返ることができました。

わたしにとって、心ときめく作品との出会いがもう一度、絵に対する気持ちを整え温めてくれる存在となったのでした。

© 2020-2022 each tone LLC. All rights reserved.