表現するといふこと

今週の投稿は、下邨の曖昧な信念の続編にお付きあいください。
引き続き、ボンヤリとしたトピックです、気楽にお読みください。

私の大学での専攻は「コミュニケーション・デザイン」ですが、美術やノンバーバル(非言語)コミュニケーションに興味を持つ以前、思春期の頃は文学にハマっておりました。なかでもいわゆる純文学、明治・大正・昭和初期の小説や詩集を読みあさっていました。

国語や作文の成績はからっきしでしたが、実体験として、文章の「凄み」のようなものに興奮し、震えていました。今になって思えば、倒置法や逆説、擬人化や比喩など、そんな専門用語こそ知らずとも、「嗚呼、かういふ樣に使ふと、なんと效果的であらうか。」と悦に入っていたものです。

たった一行の文章で、こめかみを撃ち抜かれたような感覚を抱いたのもその頃です。言葉の持つ「強さ」「儚さ」「博愛」「残忍性」にも強く惹かれました。表現の道を選ぶことになった原体験なのかもしれません。

今でも言語化して考えるクセは抜けず、大学の油絵の授業で抽象画を初めて描いたときのことです。人によって抽象化のプロセスは様々でしょうが、私はその時のモチーフであった観葉植物に関連するワードを50個くらい挙げて、その中から数個選びだし、そこからイメージを膨らませていきました。例えば「細胞壁」「ミトコンドリア」「光合成」のように。「とても面白いアプローチだね!」と講師の方に言われて、他の学生はどうやっているのかな? と気になったりもしました。

ところで、「表現」において、通底する真理があると勝手に思っています。それは「なにもないところの重要性」なのではないかと、現時点で私は感じています。
文章では、書かないことで読ませる行間。
書道では、墨と半紙のバランス。
デザインでも、余白。
音楽では、楽譜の休符。
ここをしっかりと設計し、全体として調和がとれ、響き合っている作品がステキだなと、強く実感します。ここへの試行錯誤は永遠ですね。

今週も駄文、失礼いたしました。

曖昧な信念

風が吹くことが多い地域では、風の呼称が多数存在します。
雨が降ることが多い地域では、雨の呼び方が様々あります。
香りに文化的重点をおく地域では、香りを表現する言葉が多彩です。

さまざまな言語において、ある特有の事象や状況に注目し、それを表す他言語にはなかなか翻訳できないニュアンスがあります。

ブラジル音楽が好きな私が、例に挙げるとしたら、ポルトガル語の「saudade」。
こちらは、辞書をひくと、“郷愁,望郷,懐旧の念,思慕,ノスタルジー,懐しさ(現代ポルトガル語辞典/白水社)”とあります。
けれども、ひとことでは言い表せないくらいの、複雑な感情を含んでいます。例えばそれは、日本語の「粋」が英語で「cool」や「chic」と翻訳されて、ちょっと違うなぁと日本人が感じるのに似ているかもしれません。

私はこういう、雰囲気というか、観念というか、感覚みたいな、不確かなものに惹かれます。
まだ名前の付いていない感情に名前をつけるような。
香ってくる匂いをカタチにしたらどうなるのだろうとか。
タマムシの羽の虹色を伝えるにはどんな音にしたら良いか。

人々の持っている定規の目盛りやその単位は、それぞれ違うでしょうから、その誤差に、クスッとしたり、ガクッとしたり、ドキッとしたりするわけです。

取り留めもない文章になりましたが、下邨は普段こんなことをボケッと考えており、これからもそうなのだろうな、と思います。

最後に、今回の投稿の着想を与えてくれた絵本をご紹介して終わります。

『翻訳できない 世界のことば』エラ・フランシス・サンダース 画・著/前田まゆみ 訳/創元社 刊

2つの色の世界

先日のこちらの投稿で、下邨が「白」について語りました。今回は、こちらのトピックをもう少し広げてみたいと思います。

タイトルを、「2つの色の世界」としました。以前に「白」の投稿を書いたから、今回は「黒」でしょう。はい、そうなんです。けれども、もう少し首をつっこんで、「白」は何色でできているか。「黒」は何色でできているか。想像してみませんか。
少し専門的な話も出て来ますが、とても興味深い「2つの色の世界」なので、このひととき、色の世界を旅行しましょう。

1つ目の色の世界

小学生の図工の時間、絵の具でお絵描きしましたよね? 8色か、12色か、絵の具セットの色全部混ぜて使ったらどんな色になるだろう? やりませんでしたか? 画用紙が真っ黒になっちゃった… ご経験ありませんか? これが1つ目の色の世界です。
「絵の具」または「インク」などのは、混ぜれば混ぜるほど、黒く濁っていきます(ここでは色相環の説明は割愛します)。この混色の方法を、減法混色(げんぽうこんしょく)といいます。

2つ目の色の世界

こちらは、コンピュータなどをお使いの方はよくご存じかも知れません。コンピュータに明るくない方も、ご心配いりません。もう既にご経験されていますから。
私たちの「目」の奥の網膜には、色を感じる細胞があり、「光」が入ってきたときに我々は脳で色を感じ取ります。人間の網膜は、「光」がないところ(例えば、暗闇)ではなにも見えません。こちらの「光」がキーワードです。「光」がない所では黒が見え、赤色・緑色・青色を感じる錐体細胞(すいたいさいぼう)が一斉に刺激を受けると、目が真っ白にくらむ。こちらの「光」の混色の方法を、加法混色(かほうこんしょく)といいます。

おさらいです。
絵の具は、全部混ぜると「黒」になり、「減法混色」と呼びます。
光は、全部混ざると「白」になり、「加法混色」と呼ばれます。
面白いと感じていただけますでしょうか?

もう少し、面白いと思えるように、お手伝いいたします。
この話のポイントは、私たちの目は、「減法混色」で描かれた絵画作品の「黒」を、「加法混色」のセンサーである網膜の錐体細胞で感じ取っているということなのです。
モノクロームの写真の黒に、色の深みを感じたり。逆に、白いベタ塗りに、7色の煌めきを感じたり。これら、「2つの色の世界」の差異が成せるステキな現象だと思うんです。
ほんの少しだけでも、興味深さを感じていただけたでしょうか?

さあ、色の世界の旅行ガイドは、そろそろ終わりのようです。
また、次の旅でお会いしましょう。

目で触る 指で見る

こんにちは、下邨です。
本日は私の文章にお付きあいください。

唐突に始まります。

五感という感覚があります。これにはそれぞれ優位性があるそうです。
一般的な場合、その方が置かれる状況確認のために入手される情報は、

  • 視覚 87%
  • 聴覚 7%
  • 触覚 3%
  • 嗅覚 2%
  • 味覚 1%

なのだそうです。

もちろん、ひとにより差異はあって、目が不自由な方は触覚による点字など。地図という観念を「パンを焼く匂いがするから、ここを右に曲がろう」と嗅覚で捉えておられる方もいらっしゃると聞いたことがあります。

また、脳への「記憶」という観点からは、
聴覚<視覚<触覚<味覚<嗅覚
という順序で強く印象づけられるという話もあります。
情報確保の優位性とは異なる結果なのが、非常に興味深いです。

さて、美術においてはどうでしょう。
私は美術作品を「目で触る」ように鑑賞することにしています。文字通り、作品の表面質感や堅さ・柔らかさ、温度感などを、まるで指で触るように視覚で辿っていきます。ギャラリーや美術館の匂いもとても気になります。描かれたばかりの油絵であれば、その画材の香りから独特の感覚を想起されます。

余談になりますが、私は展示されている彫刻の「裏側」が気になって仕方がありません。スポットライトを浴びていて、作品タイトルや説明文が書かれている、いわゆる正面の裏です。可能ならば、必ずみるようにしています。

当然のことながら美術作品によっては、触ることができないものも多いのですし、舌でペロッと舐めてみたり、彫刻を裏返してみる、なんて言語道断ですが…。
いつもと少し違う感覚も使って、作品鑑賞をしてみてはいかがでしょうか?
それまでは理解できなかった作品も、少しだけ作家の深層心理に近づけるかも知れません。

“みえる”?

“みえる”と辞書をひくと、以下のように書かれています。

  1. 目に映る。目で確認できる。
  2. 見ることかできる。
  3. 判断される。見受けられる。そのように感じられる。
    〈weblio国語辞典(https://www.weblio.jp)より、抜粋〉

同じ単語ですが、日本語は奥深いですね。1にはどこかしら受け身な印象を受けます。なんとなくボンヤリみている印象です。ところが2と3は「意志」があります。2は可能を。3は推測を表します。
本日の投稿は私、下邨尚也と、ここを少しだけ考えてみてください。

どなたの言葉だったか失念しましたが、様々な学問(社会学・心理学・化学など、〇〇学と付くもの)を学ぶことの価値は、「新たな視点の獲得」だと聞いたことがあります。社会学を修めれば、その学問的な視点が、といった意図だと考えます。なるほど、腑に落ちます。よく、理系と文系で思考が全く違うとか言う話もありますよね。実は繋がったりもするのですが。

こんな経験はありませんか?
足を痛め、数週間の松葉杖生活。その時、気づいた階段の大変さ。
また、
それまではあまり気にはしてこなかったが、皆さま方ご自身のお子さんと同い年ぐらいの子供を、つい目で追ってしまう。
私などは、
リーディング・グラスを使うようになって、文字通り、初めて“みえる”ことの価値を知りました。

あるひとつの事象も、十人十色。様々なみえかた・感じ方があるようです。
アーティストとは、“みること”と“みられること”のプロフェッショナルなのかも知れません。
多様な「意志」を掴んできて、尚且つ、答えのない問いのように鑑賞者に伝える。

親愛なるアーティストの皆さま
あなたには、どんなコトが“みえる”?

© 2020-2022 each tone LLC. All rights reserved.