エンディング産業展レポート 「víz PRiZMA」オンライン説明会 ご参加者より

6/9(水)〜11(金)に東京ビックサイトで開催されたエンディング産業展に、弊社の1stプロジェクト「víz PRiZMA」を出展。その様子を先々週、弊社下邨から別投稿にてご報告させていただきました。

「víz PRiZMA」は会員制のサービスで、現在ご興味を持っていただいた方々に向けてオンライン説明会を設け、サービスのご紹介、Q&Aを実施しています。その初回にお越しいただいたご参加者のお一人が、エンディング産業展の「víz PRiZMA」のブースにも立ち寄ってくださり、その後オフィスにも遊びに来てくださいました。そしてこの度、ご本人のブログで“エンディング産業展「víz PRiZMA」”についてレポートしてくださいましたので、ご紹介させていただきます。

私たちのサービス・想い・世界観をこのように捉えて形にしていただき、勉強になると共に、とても嬉しく思います。ぜひ、ご覧ください。

【エンディング産業展③】生きた証をアートで遺す、バーチャル墓「víz PRiZMA」

おはかんり」 サイト

「víz PRiZMA」、エンディング産業展@東京ビックサイトでデビュー

先月each tone最初の事業として発表、現在目下ブランドサイトオープンに向けて準備中の、バーチャル墓地新ブランド「víz PRiZMA」。この度、6月にエンディング産業展への初出展が決まりました。

エンディング産業展とは、葬儀・埋葬・供養に関する、設備・機器・サービスの集まるエンディング産業に関する専門展示会。葬祭業・墓苑・霊園管理者、寺社仏閣の宗教関係者、自治体の生活衛生関連の方々が、全国から28,000人、東京ビックサイトに集います。

歴史ある業界の盛大な一大イベントで、バーチャル墓地サービス「víz PRiZMA」を、どのような形でデビューさせるのか? 

藝術ベンチャーならではのアイディアと技を駆使し、サービス名「víz PRiZMA」の意である「水」と「プリズム(光)」を用いたインスタレーションで演出すべく、準備を進めています。

“「víz PRiZMA」の世界観”を多くの方々に知って、感じていただき、ひいてはこの展示会が、7月の「víz PRiZMA」サービススタートに向けて大きな後押しとなることを願いながら、社内一同チームワークで臨みたいと思います。

以上、本日のご案内担当は船木でした。

エンディング産業展(セレモニージャパン)
2021.6.9(水)・10(木)・11(金) 10:00〜17:00
東京ビックサイト青海展示棟 B棟
http://ifcx.jp/

「船木理恵の “Artists in RiESIDENCE”」がスタート

artists in riesidence logo

今月より、「船木理恵の “Artists in RiESIDENCE”」コーナーをスタートします。

〜藝術の力を社会へ〜の企業理念のもと、私、船木理恵がアーティストにインタビュー。様々な領域の「藝術の力」を発揮するアーティストについて、each toneのHP上で特設コーナーを設け、ご紹介していきます。

本企画をどのようなインタビューにしていくのか、思いを巡らせました。

each toneらしい、each toneだから、そして今の私だからこそできるインタビュー企画とはなんだろうか? そう考えた時、ここ1年程の時間や、その中で出逢った人たちの姿が思い浮かびました。

体の中に存在する熱い信念、フィロソフィーや独自の感性。それらを藝術の力とアート思考を用いて、時に周りを巻き込みながら、そのエネルギーを人々や社会に浸透させ還元させていく「アーティスト」が、何を想い何を考えているのか? 

これまでの軌跡・苦難・転機、また未来にもスポットを当て、ご紹介していきます。

RESIDENCE(レジデンス)に” i ”を込めた”RiESIDENCE”という名の”舞台”に、welcomeの気持ちでアーティストをお迎えできるように。

私の瞳越しに映るアーティストの姿とストーリーが、記事を読んでくださっている皆さんの五感に響くように、お伝えしていきたいと思います。

第1回目のインタビューは今月下旬、どのようなアーティストが登場するのか? どうぞ楽しみにお待ちください。

© 2020-2022 each tone LLC. All rights reserved.