ヨーロッパの風を受けて ~今夏の滞在レポート②~ 

ヨーロッパ滞在の後半は、ハンガリーからドイツへの引越と、新しいアパート探しでした。今夏、ハンガリーの芸術大学を卒業した三女。3年間暮らしたブダペストのアパートを引き払い、荷物を全部スーツケースに詰めて、ドイツに向かいます。

Hungarian Dance University 今年のバレエ科 卒業生

ちなみに、ダンスの世界はとてもグローバル。ブダペストの学校もこのように、世界各国から学生が集まっていました。バレエダンサーにとって、ウクライナやロシア、その周辺国は、魅力的な就職先です。伝統ある劇場やバレエ団が数多く存在し、日常にバレエを鑑賞する文化も根付いています。今年は、戦争が起こったことで、多くのダンサーが就職できず、すでに現地で活躍していた先輩ダンサーたちの多くが、職を辞しました。才能あるアーティストたちの活躍の場が狭まり、私たちがその姿にふれることができないというのは、人類にとって大きな損失だと、切なく残念に思うのです。卒業生の皆さんの各方面での活躍と、早期の戦争終結を祈ります。

荷物一式をスーツケースに詰め込んで引越。デュッセルドルフ空港にやってきました。

ドイツで向かう先は、Mönchengladbach(メンヒェングラートバッハ)。デュッセルドルフから鉄道で30分ほどの小都市です。同名のサッカーチームが本拠地を置く街で、そのせいか、チームのユニフォームTシャツを着ている人たちが多い気がしました。広場で遊ぶ子供たちのボールさばきも鮮やかです。

首都で観光地だったブダペストに比べると、ひっそりローカル。英語が通じにくい、案内所がない、ネットに情報がない、バスが使いこなせない、動き方がわからない… と途方にくれつつも、しっとりとした雰囲気が漂う街並みに癒されながら、アパート探し開始です。

オランダ国境にほど近い、ドイツ西部の街、Mönchengladbach(メンヒェングラートバッハ)

物件探しは難航しました。英語での問い合わせに応えてくれるところが少ない、家具付きが少ない。ドイツではキッチンにこだわる方が多く、自分好みのキッチンをあつらえ、引越の際には移設するそうです。よって多くの「家具なし」は、キッチンもない! 数少ない「家具付き」物件を端から当たりながら、滞在期間ギリギリのところで、運よく素敵な大家さんと出会って、握手することができました。

初めての場所で、ゼロからのスタート。いつもそうですが、人に出会い、さまざまな体験があり、ひとつひとつの小さな予定が積み重なって、新しい時間が創られていきます。見知らぬ人々が行き交う何でもなかった場所が、いつの間にか、友人たちが暮らすかけがえのない想い出の場所になっていきます。三女にとって、Mönchengladbachも、やがてまた、しみじみと振り返るホームタウンになるのでしょう。

最後に、何度も途方に暮れながら次の手を考えた、今回のアパート探し。困ったときにいつも助けてくれるのはカフェ。お世話になったカフェと、ドイツのアプフェルシュトゥルーデル(アップルパイ)の写真です。

ドイツのアップルパイ。リンゴジャムと、歯ごたえのあるごろごろリンゴに、シナモンがたっぷり。

ピンチの時こそ、くつろいで甘いもの。リラックスして冴えた頭で、次への突破口を考える。カフェは世界中で、人々のクリエイティビティを支えているのだと思いました。

© 2020-2022 each tone LLC. All rights reserved.