バラに囲まれて過ごした5月 から、初夏へ ~花言葉に想う~

each toneがお世話になっているシェアオフィス、RYOZAN PARK 巣鴨GRAND。この建物の入口には見事なバラのアーチがあり、今月は、赤・ピンク・白、色とりどりのバラに囲まれ、日々癒されていました。その5月もあと2日。日差しが初夏の訪れを告げています。

バラは「美」「愛」の花言葉をもち、さまざまなプレゼントシーンや、愛の告白にも贈られる人気の花ですね。花の色(赤、ピンク、白、紫、黄色、緑など)ごとに意味合いが異なり、また贈られる本数によっても、さらに意味が加わります。ご存知でしたでしょうか?このあたり、お詳しい方々も多いことでしょう。花言葉に寄せて好きな花を選び、想い込めて贈る―ここからこれまでに、数えきれないほどの物語が生まれたことと思います。

思えば、私たちの毎日は、見て聞いて、感じて、想いをこめて発信することの連続です。生活とは、生きるとは、この繰り返しなのだなぁとしみじみ。込めた想いによって未来が変わることも。そして、どのような想いを込めるかは、本当に自分次第。様々なことを感じる毎日ですが、せっかくならば、少し心を強くして、良い未来が望めそうな想いを込めてみたいですね。

私たちの1stプロジェクト「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)も、「想いを込めて贈る」ところは花と同じです。テクノロジーの力を借りたおかげで、時間や空間を超えて、未来の人々に想いを届けることができるようになりました。昔であれば、動物の絵が描かれた洞窟の壁画や、象形文字を刻んだロゼッタストーンなどがvíz PRiZMAの仲間かも知れません。
víz PRiZMAのお客さま方が、どのような想いを込められるのか? 未来の人々が、そこから何を感じとってくれるのか? 壮大な実験⁈が始まっています。

ちなみに、バラのお話に戻りますと、「青色のバラ」はもともと自然界になく、そのために青バラは「不可能」「存在しない」という花言葉をつけられてしまった幻の花でした。ところが2002年、サントリーがバイオテクノロジーを用い、パンジーの青色遺伝子を組み込むことで、ついに青いバラを実現させます。日本発です!
これにより、それまで「不可能」とされていた花言葉も、「夢をかなえる」「奇跡」に一変。今では、青バラは普通に見かける花となり、夢に向かって挑戦する人によく贈られるそうです。

季節の移り変わり、時の流れ、時代の流れを感じながら、青いバラのよういに、ゆるやかに世界を変えていきたいと、きょうも想いを新たにしています。

© 2020-2022 each tone LLC. All rights reserved.