常識で発想を制限せず、「一粒の種」を世界に提供し続ける

弓ヶ浜半島(鳥取県)上空

こんにちは。柿田京子です。久しぶりに飛行機に乗りました。「鳥の目」で眺める感覚をしばらくぶりに思い出し、拡がる世界の大きさに、いま一度、気持ちを新たにしました。

飛行機の歴史は、なかなか画期的です。
古代より飛ぶことに憧れた人類が、多くの失敗を経て、初めてその夢を叶えたのが1903年、ライト兄弟の有人動力飛行。1903年といえば20世紀。そう、飛行機の歴史はついこの間から始まったばかりなのです。
ライト兄弟の最初の飛行機、ライトフライヤー号は、むき出しの骨組みに人が腹ばいになって操縦する原始的なものでしたが、それから10年、第1次世界大戦では戦闘機が誕生。30年後の第2次世界大戦では、メッサーシュミットやゼロ戦が飛ぶこととなります。
そして、1960年代からの高度経済成長期には、旅客機、ジャンボジェット機の時代が到来します。
生まれたての飛行機は50年の間に大変貌を遂げ、一般の人々が気楽に空を飛ぶことを可能にし、短時間での国際間移動を実現させ、世界の輸送シーンを大きく塗り替えました。

ところで、ライト兄弟は、最初の有人飛行を成功させたとき、50年後の世界を予想できていたでしょうか? 恐らく、骨組みの飛行機がジャンボジェットに進化するシナリオなど、描けていなかったのではないかと思います。
50年とは、当事者とて予想がつかないほどの大きな変化をもたらす時間。水面に落とされた一粒の雫が、波紋を伴って大きく拡がっていくように、世界にもたらされた小さな種が、幾多の人々の手を経て、大きなムーブメントへつながり、見たことのない新しい世界を創っていく。
自らが乗っている快適なジェット機につながる、多くの人々の努力や貢献に思いを馳せ、世界を変えたイノベーションに敬意を表しました。

私たちの発想は、どうしても近視眼的になりがちです。いま見えているもの、いま起こっていることが永遠に続くように錯覚しがちです。でも、時は流れ、人々の力は常により良い未来のために現状を変えている。自分自身の常識にとらわれることなく、「一粒の雫」を、「一粒の種」を、世界に提供し続けることのできる存在でありたいと思いました。

ちなみに、今回訪れたのは、鳥取県米子市。山陰の地方都市であるこの街は、大山、日本海、中海を擁し、独特の地形をもつ風光明媚な土地柄。山海の産物に恵まれ、古くから朝鮮半島との往来もあり、大陸に向けて拓かれていた地域。神話の舞台としても名高いところです。日本の人口が減少していく中で、他の地方都市と同様、過疎の問題に直面しているこの街にも、「一粒の種」を植えてみたいと思いました。
この思いは大切に育てながら、近いうちに形にしたいと思います。

© 2020-2022 each tone LLC. All rights reserved.