「梁山泊(RYOZAN PARK)の好漢・才媛」700年の歴史を紡ぐ天祖神社に集う

昨日は、each toneがお世話になっているインキュベーション・オフィスRYOZAN PARKの皆さんと一緒に、地元の氏神様、天祖神社へ。新年の祈祷に参加させていただきました。鎌倉時代より、東京大塚の地に続く由緒ある神社。その歴史は、まもなく700年になるそうです。

政治体制が変わると、往々にして、前の時代のものは失われてしまいます。現代の私たちの戸籍制度も、さかのぼれば明治時代に始まったここ150年ほどの歴史。この天祖神社には、鎌倉時代からの寄進などの記録が保管されているそうで、実は、この地に生きた人々の想いや願いを、時を超えてしかと守り続けてきた宝庫だと知りました。

私たちeach toneが始めた「víz PRiZMA」(https://www.viz-prizma.com/)も、”生きた証”を未来へつなぐサービスで、はからずも、この神社や、お寺の過去帳に通じるところがあります。時の流れに流されず、色褪せず、どのようにして過去を受け取り、今の想いをすくいとり、未来へつなげるか。

鎌倉時代には、今の倍ほどの神社がありながら、多くが歴史の中で淘汰されてしまったとのこと。残っていることがラッキー。いま、お寺もまた、後継者不在や経営困難に直面していたりします。事業はなおのこと、努力していないと、すぐに消えてしまいます。時を紡ぐことへの大きなチャレンジに、想いを馳せました。

宮司さんが「梁山泊の好漢・才媛」と呼んでくださり、皆で本年の健康祈願と事業隆盛を祈願。忙しいはずなのに、こういう時には、どこからともなくさあーっと集まってくる大勢のメンバーたち。そして、祈祷が終わるとさあーっといなくなる。まさに「疾如風」 疾(はや)きこと風の如(ごと)く。この結社(?)の一員であることに、うれしい使命感を感じました。

Thank you, RYOZAN PARK! 最新のマインドを持ち、ITツールを使いこなしながら、こういうしっとりした企画もしてくださる社長に拍手。本日の執筆、柿田京子でした。