2つの色の世界

先日のこちらの投稿で、下邨が「白」について語りました。今回は、こちらのトピックをもう少し広げてみたいと思います。

タイトルを、「2つの色の世界」としました。以前に「白」の投稿を書いたから、今回は「黒」でしょう。はい、そうなんです。けれども、もう少し首をつっこんで、「白」は何色でできているか。「黒」は何色でできているか。想像してみませんか。
少し専門的な話も出て来ますが、とても興味深い「2つの色の世界」なので、このひととき、色の世界を旅行しましょう。

1つ目の色の世界

小学生の図工の時間、絵の具でお絵描きしましたよね? 8色か、12色か、絵の具セットの色全部混ぜて使ったらどんな色になるだろう? やりませんでしたか? 画用紙が真っ黒になっちゃった… ご経験ありませんか? これが1つ目の色の世界です。
「絵の具」または「インク」などのは、混ぜれば混ぜるほど、黒く濁っていきます(ここでは色相環の説明は割愛します)。この混色の方法を、減法混色(げんぽうこんしょく)といいます。

2つ目の色の世界

こちらは、コンピュータなどをお使いの方はよくご存じかも知れません。コンピュータに明るくない方も、ご心配いりません。もう既にご経験されていますから。
私たちの「目」の奥の網膜には、色を感じる細胞があり、「光」が入ってきたときに我々は脳で色を感じ取ります。人間の網膜は、「光」がないところ(例えば、暗闇)ではなにも見えません。こちらの「光」がキーワードです。「光」がない所では黒が見え、赤色・緑色・青色を感じる錐体細胞(すいたいさいぼう)が一斉に刺激を受けると、目が真っ白にくらむ。こちらの「光」の混色の方法を、加法混色(かほうこんしょく)といいます。

おさらいです。
絵の具は、全部混ぜると「黒」になり、「減法混色」と呼びます。
光は、全部混ざると「白」になり、「加法混色」と呼ばれます。
面白いと感じていただけますでしょうか?

もう少し、面白いと思えるように、お手伝いいたします。
この話のポイントは、私たちの目は、「減法混色」で描かれた絵画作品の「黒」を、「加法混色」のセンサーである網膜の錐体細胞で感じ取っているということなのです。
モノクロームの写真の黒に、色の深みを感じたり。逆に、白いベタ塗りに、7色の煌めきを感じたり。これら、「2つの色の世界」の差異が成せるステキな現象だと思うんです。
ほんの少しだけでも、興味深さを感じていただけたでしょうか?

さあ、色の世界の旅行ガイドは、そろそろ終わりのようです。
また、次の旅でお会いしましょう。