目で触る 指で見る

こんにちは、下邨です。
本日は私の文章にお付きあいください。

唐突に始まります。

五感という感覚があります。これにはそれぞれ優位性があるそうです。
一般的な場合、その方が置かれる状況確認のために入手される情報は、

  • 視覚 87%
  • 聴覚 7%
  • 触覚 3%
  • 嗅覚 2%
  • 味覚 1%

なのだそうです。

もちろん、ひとにより差異はあって、目が不自由な方は触覚による点字など。地図という観念を「パンを焼く匂いがするから、ここを右に曲がろう」と嗅覚で捉えておられる方もいらっしゃると聞いたことがあります。

また、脳への「記憶」という観点からは、
聴覚<視覚<触覚<味覚<嗅覚
という順序で強く印象づけられるという話もあります。
情報確保の優位性とは異なる結果なのが、非常に興味深いです。

さて、美術においてはどうでしょう。
私は美術作品を「目で触る」ように鑑賞することにしています。文字通り、作品の表面質感や堅さ・柔らかさ、温度感などを、まるで指で触るように視覚で辿っていきます。ギャラリーや美術館の匂いもとても気になります。描かれたばかりの油絵であれば、その画材の香りから独特の感覚を想起されます。

余談になりますが、私は展示されている彫刻の「裏側」が気になって仕方がありません。スポットライトを浴びていて、作品タイトルや説明文が書かれている、いわゆる正面の裏です。可能ならば、必ずみるようにしています。

当然のことながら美術作品によっては、触ることができないものも多いのですし、舌でペロッと舐めてみたり、彫刻を裏返してみる、なんて言語道断ですが…。
いつもと少し違う感覚も使って、作品鑑賞をしてみてはいかがでしょうか?
それまでは理解できなかった作品も、少しだけ作家の深層心理に近づけるかも知れません。