マルシェに「víz PRiZMA」を

 週末のマルシェ 豊島区巣鴨 1-6-6 ヴィラ東邦ホワイトテラス 1階 で開催中

秋晴れの空が美しい週末となりました。今週末の23日(土)・24日(日)は、私たちeach toneが拠点を置くRYOZAN PARK巣鴨のラウンジ前で、マルシェを開催しています。お花・野菜・焼き菓子・手芸品・コーヒー・お茶・お米・パンなどなど・・素敵な食材や雑貨が並び、絵になる風景。私、柿田京子も「víz PRiZMA」のパンフレットを片手に、店先に立たせていただきました。

ー目で何なのかが見える素敵な品々が並ぶの中で、どのようにして「víz PRiZMA」のような、「祈り」をテーマにしたバーチャル空間のサービスを見せればよいのか… 普通に考えたら、思いっきりの場違い感にプレッシャーを感じてしまいそうなシーンですが、ここがRYOZAN。「どうぞ~」「何でもあり」とのオープンポリシーに、ドキドキしながらの参加です。

巣鴨駅からほど近い路地の一角で、通りすがりの地元の方々や、訪ねてきてくださったRYOZANゆかりの皆さんでにぎわい、思いのほかお話がはずみました。出展者同士も、お互いに商品や活動が興味深くて話し込んだり。おいしいお茶やコーヒーとお菓子、心地よいものに囲まれた空間で流れる空気は和やかで、人々を不思議な力でつないでいきます。

立ち止まったついでにご自身の身の上話をしていかれるシニアの方。たくさんお買い物されて「本当は、SNSとかやってみたいのよ。そうすると、こういうイベント情報がわかるんでしょ」とプチお悩みを相談されるおばあさま。子育て世代からは、「自分の親に切り出しにくいのだけれど、終活はしっかりやっておいてほしいな」との声があったり。Webミーティングではなかなか出てこない、つぶやきや何気ないコメントが、結構貴重です。抱っこやベビーカーの赤ちゃんから、子供たち、シニア、高齢者まで、様々な方が行き交う街のくつろぎ空間で交わされる言葉や気持ちは、澄んだ秋空に溶け込むようで、気持ちよく時を過ごしました。

もはや売るとか、儲けるということではなく、街という舞台で、ステージの一員となって、持ちつ持たれつの助け合いをしながら楽しく暮らすという感覚、RYOZANのスローガンになっている”Life is Better Shared”を身をもって感じたイベントでした。

明日はどんな方々に出会え、どんなお話しができるのでしょう?期待をもって明日を待ちわびる感覚、何とも幸せです。