“みえる”?

“みえる”と辞書をひくと、以下のように書かれています。

  1. 目に映る。目で確認できる。
  2. 見ることかできる。
  3. 判断される。見受けられる。そのように感じられる。
    〈weblio国語辞典(https://www.weblio.jp)より、抜粋〉

同じ単語ですが、日本語は奥深いですね。1にはどこかしら受け身な印象を受けます。なんとなくボンヤリみている印象です。ところが2と3は「意志」があります。2は可能を。3は推測を表します。
本日の投稿は私、下邨尚也と、ここを少しだけ考えてみてください。

どなたの言葉だったか失念しましたが、様々な学問(社会学・心理学・化学など、〇〇学と付くもの)を学ぶことの価値は、「新たな視点の獲得」だと聞いたことがあります。社会学を修めれば、その学問的な視点が、といった意図だと考えます。なるほど、腑に落ちます。よく、理系と文系で思考が全く違うとか言う話もありますよね。実は繋がったりもするのですが。

こんな経験はありませんか?
足を痛め、数週間の松葉杖生活。その時、気づいた階段の大変さ。
また、
それまではあまり気にはしてこなかったが、皆さま方ご自身のお子さんと同い年ぐらいの子供を、つい目で追ってしまう。
私などは、
リーディング・グラスを使うようになって、文字通り、初めて“みえる”ことの価値を知りました。

あるひとつの事象も、十人十色。様々なみえかた・感じ方があるようです。
アーティストとは、“みること”と“みられること”のプロフェッショナルなのかも知れません。
多様な「意志」を掴んできて、尚且つ、答えのない問いのように鑑賞者に伝える。

親愛なるアーティストの皆さま
あなたには、どんなコトが“みえる”?