アーティストが思うNFTの未来

今年に入ってから、NFTアートの高額落札のニュースがいくつかあり、NFTアートの知名度が一段と高まりました。
NFTアートとはデジタルアートにブロックチェーン技術を組み合わせたもののことで、その特徴は、「唯一性を証明できる」「改ざんできない」「データの作成者又は、所有者を記録できる」なのだそうです。

簡単にコピーできてしまうデジタルアートに唯一性を担保して、NFTのマーケットプレイスで所有権を売買できるというものです。
色々なサイトがその仕組みを解説しているのですが、私はデジタルアートの世界のことをほとんど知りません。そこで実際に世界最大規模のNFTマーケットプレイスOpenSeaにて作品を閲覧してみることにしました。

トップランキングを見ると、ピクセルアートやGIF、ゲームのキャラクター、文字列のみのものや、ジェネレーティブアートという、いくつかのパーツをソフトウェアのアルゴリズムで組み合わせて生成した作品など、デジタルアートの特性を強く訴えるコンセプトが人気のようでした。

これら以外のコンセプトでも多数出品されていますので、検索して「これいいな」という作品を閲覧しているだけでどんどん時がたってしまいます。
こういった作品群を鑑賞して、わたしも出品に挑戦しようかと思い始めています。

膨大な作品数のデジタルアートにNFTが活用されれば市場はより拡大していくことでしょう。
その一方でセキュリティ管理や、なりすましによる出品という問題には注意していく必要がありますが、今後発展していくであろう、新しいものを身をもって体験することは、後にふりかえって得難い経験になるのではないかと思いました。

NFTアートの今後を考えたときに、たとえば従来の絵画作品のようにキャンバスに描いた油絵が個人か美術館等に収蔵されていたとしても、著名な作家でないかぎり、アーティストが没するなどして活動を終えた後に、作品が人の目に触れる時期は限られています。回顧展が企画されたり、二次流通で高値落札されて話題になるというのは、ほとんど夢のようなもの。
アート作品は、それが制作された時代の空気が含まれます。そうなると必然的に生モノのような鮮度というか、人に見てもらえる期限があるのではないでしょうか。
NFTはバブル的に盛り上がっている分野ではありますが、アート作品の流通インフラとして確かなものとして整備普及が進めば、これまでのアート業界で培われてきたように作品の信用を形作り、作品の耐久年数を高めることでしょう。後世に残せる仕組みとして貢献してほしいと思います。

今週の担当は、高橋でした。