瞳がとらえる世界

5月20日、「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)は、ブランドサイトをオープンします。カウントダウン1週間の今の社内は、協力者・社員入り乱れて、まるで本番直前の舞台袖のよう。このすがすがしい緊張感を、青空と新緑のもと、満喫しています。

「víz PRiZMA」のサービスは、「瞳」からの発想をベースに創りました。

瞳に映る世界。それは、その人の瞳の色と合わさり、小宇宙のような神秘性を醸し出し、写真に撮っても、横から覗いてみても、見ごたえのある絵となります。

ひとは、瞳を通じて世界を感じ取ります。同じ世界を見ていても、ひとりひとりの瞳が見出す世界は、実はユニーク。妊娠すると、妊婦さんの姿が目に付いたり。小さな子供をもつお母さんには、子供の存在がクローズアップされたり。雑踏の中で、特定の人だけが輝いて見えたり。あなたの見ている世界は、実は、あなたにしか見えていなかったりするのです。

物理的な瞳はもちろん、“心の瞳”もまた、興味深い。そういえば、坂本九さんの遺作となった同名の歌*がありました。長年連れ添った奥さまへの想いを込めた歌だそうです。
おとぎ話の中には、みすぼらしいなりをした老人が現れ、その人が実は、世界を救う偉人だったという筋書きが多くあります。星の王子さまは、「本当に大切なものは目に見えない」と言いました。

瞳で伝える世界。瞳で受け取る世界。「目は口ほどに物を言う」と言われますが、目は強力な発信体であり、同時に、受信体でもあります。「目力(めぢから)」に象徴される強さを秘める一方で、うるんだ水晶体には、はかなさも感じられます。

目を開けて見える世界、目を開けても見えない世界。目を閉じて見える世界、目を閉じると見えない世界。世界の見え方と「瞳」の関係は、物理的・表層的な世界を通り越して、時間・空間・意識を縦横無尽に飛び交います。

人が生まれ、限りあるいのちを生き、未来へ溶け込んで逝く、この永遠の営みをとらえるとき、「瞳」のテーマがふさわしいと思いました。

世界の拡がりと、人のもつ無限の想いを「瞳」に込めて。
「víz PRiZMA」の始動まで、あと1週間。each tone 初のプロジェクトである「バーチャル墓地」。「アーティストと創る、新しい“偲び”のかたち」を、どうぞお楽しみに。本日の担当は、柿田京子でした。

* 坂本九「心の瞳」1985年 「心の瞳で 君を見つめれば」で始まる、愛の本質をうたった坂本九の遺作。この歌の収録後に、坂本九は日航機墜落事故によって他界。