「víz PRiZMA」、エンディング産業展@東京ビックサイトでデビュー

先月each tone最初の事業として発表、現在目下ブランドサイトオープンに向けて準備中の、バーチャル墓地新ブランド「víz PRiZMA」。この度、6月にエンディング産業展への初出展が決まりました。

エンディング産業展とは、葬儀・埋葬・供養に関する、設備・機器・サービスの集まるエンディング産業に関する専門展示会。葬祭業・墓苑・霊園管理者、寺社仏閣の宗教関係者、自治体の生活衛生関連の方々が、全国から28,000人、東京ビックサイトに集います。

歴史ある業界の盛大な一大イベントで、バーチャル墓地サービス「víz PRiZMA」を、どのような形でデビューさせるのか? 

藝術ベンチャーならではのアイディアと技を駆使し、サービス名「víz PRiZMA」の意である「水」と「プリズム(光)」を用いたインスタレーションで演出すべく、準備を進めています。

“「víz PRiZMA」の世界観”を多くの方々に知って、感じていただき、ひいてはこの展示会が、7月の「víz PRiZMA」サービススタートに向けて大きな後押しとなることを願いながら、社内一同チームワークで臨みたいと思います。

以上、本日のご案内担当は船木でした。

エンディング産業展(セレモニージャパン)
2021.6.9(水)・10(木)・11(金) 10:00〜17:00
東京ビックサイト青海展示棟 B棟
http://ifcx.jp/