【ブランドリリース】

each tone は、2021年夏、「アーティストと創る、新しい“偲び”のかたち」と題し、「バーチャル墓地」サービスを開始します。ゴールデンウィーク明けのサービス内容リリースに先立ち、本日は、ブランド名「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)、ブランドロゴ、およびブランドサイト(https://viz-prizma.com/)の公表です。

víz PRiZMA そして、いのちは”光”になる ロゴ

「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)は、従来のお墓や弔いの概念を残しつつも、利便性と経済性を備えた藝術的な「バーチャル墓地」。生きている人の“いま”に寄り添い、終末期の暗くなりがちなイメージを払拭し、遠い未来に貢献する各種サービスを併せて提供します。

サービス内容の詳細リリースは、ゴールデンウィーク明け。5月に予約受付開始、7月にサービス開始。

「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)は、ハンガリー語。「víz」(ヴィーズ)は生命を育む根源である「水」の意で、多くの宗教や地域で、この世とあの世を隔てるもの(川や海など)として登場します。「PRiZMA」(プリズマ)は、「プリズム」で、透明な光を、色どり鮮やかな可視光線に分光。本来は直進する光に角度をつけ、別の方向へ届けることができます。

死に着目するだけではなく、生きる時間にフォーカスし、人々が、それぞれ有する能力を最大限発揮して人生を謳歌できるよう、光の届かないところへ、プリズムのように光を届け、世界の一隅を照らすことができるようにとの願いを込めています。