【ブランドリリースに向けて 1】
“限りある時間”を、より良く生きる

3月25日のブランドリリースに先駆け、1stプロジェクト「アーティストと創る、新しい“偲び”の形」について、今週から来週にかけ、全3回で語っていきたいと思います。きょうは、“限りある時間”について。

人生100年時代と言われるようになりました。昔は、ひと仕事して終わるはずだった人生が、もうひと仕事できるくらい残っている。そんな人生後半部分を、どのように生きていくのか? 健康、生きがい、仕事、お金、家族、地域、社会…。これまでの人生設計論とはひと味違った、新たな時間軸での生き方が、様々に議論される時代となるでしょう。

その一方で、私たちは、自分の人生がどこまで続くのか、実は全くわからないのです。もともと人間は、自分の死を意識しないようつくられている生き物だそうです。本当は、いつ終わるかわからない命だけれども、「自分は死なない、老いない、病気にならない」と感じる。そして時には、死という自然現象を忌み嫌い、覆い隠すように暮らします。それは、意思や意識の範疇ではなく、自然の摂理なのかも知れません。

「生を明らめ、死を明らむる」という言葉があります。「明らめる」とは、事実をあるがままに見て受け入れること。生きるとはどのようなことか、死とは何か、しっかりと意識して、いま何をすべきか考えることが大切だという教えです。死が特別なのではない。私たちは皆、“いつ死ぬかわからない生”を生きているのです。他人も、自身もまた、やがて尽きる“限りあるいのち”だと心の底から認めたとき、人はようやく、他人を受け入れ、己を活かせる出発点に立てるのではないでしょうか。

さて、あなたは、自身の“限りある時間”を感じていらっしゃいますか? 残りの時間で何をなさいますか? 

私たちの1stプロジェクトでは、終わりを見据えることで、やがて尽きるいのちを慈しみ、「“限りある時間”を、より良く生きる」ことに光をあてていこうと思っています。これまでの「終わり」の概念を超えて、私たちのプロジェクトが、あなたの人生に、もう一筋の光を届けることができればうれしいです。

3月25日のブランドリリース、どうぞご期待ください。柿田京子でした。