修了を目の前にして

皆さまこんにちは、船木です。3月に入り、ご自身やご家族の卒業シーズンを迎えられている方も多いでしょうか。私も、each tone創業メンバーとの出逢いの場にもなった東京藝大DOORプロジェクトを、1年間の履修期間を経て今月末に修了します。

コロナ禍の中、スタートも最終講義もオンラインとなった今年度。時間的・物理的な制約を超えて自由度が増したことにより生まれた、新たな学びを体験しました。今までなら制約があり難しかった方の受講も実現したでしょう。

一方、世の多くの方々がそうであったように、時と空間を共にしたくてもすることができない感覚を常にどこかに抱き続けたまま、修了式を迎えることになりました。コロナ禍以前に受講したeach toneの他2名のメンバーから様子を聞く度、羨ましく思うこともありました。

1月末、最終講義が終わりパソコンから「退出」した後。クラスでのざわめきも打ち上げも無い静かな自宅で、どこか宙に浮いていて感情が追いついていかない。

その何とも言えない感覚を埋めたい気持ちもあり、プロジェクト同期の「修了とこれから」に向けた実行委員に手を挙げました。キックオフミーティングに集まった他の受講生からもヒシヒシと伝わってくる、「このまま終わりたくない」「もっと繋がりたい」「ここからまた、はじめたい」という想い。急遽の招集にも関わらず、職場からの参加も含めほぼ全員が集っていたのです。

“会えないもどかしさがあったからこそ、繋がりたい気持ちが溢れ出てくることに気が付いた”

“対話を重ねることが難しかったから、これからもっと知っていきたいと思った”

この1年間抱えてきたもどかしさをも包み込んで、これから少しずつ、新しい繋がり方を探していきたいと思います。

東京藝大DOORプロジェクト:Diversity on the Arts Project…「アート×福祉」をテーマに「多様な人々が共生できる社会」を支える人材を育成するプロジェクト。社会人と藝大生が一緒に学ぶ。

公式サイトはこちら